バイトの女の子に片想いした

こんなに好きなのに、想いを受け入れてもらえないことってあるんだ

どうしてもレジの女の子Mちゃんへの想いをどうにかしたくて、バイトの先輩に相談したところ

その先輩の友達がMちゃんと仲がいいことがわかった。先輩はその友達を通じてWデートのセッティングをしてくれた。

MちゃんがOKしてくれたということを先輩から聞き俺はもう幸せいっぱいでとにかく誰かに自慢したかった。それでクラスの奴らに自慢しまくった。

クラスの奴らは「あーそうかい。」「はいはい。よかったねー」と言った感じだったんだと思う。


いざWデートの日Mちゃんは友達と軽自動車でやってきた。先輩に聞くところによりとMちゃんは二つ年上の短大生ということ。

Wデートとはいえ人生初のデート。俺はもう緊張でガチガチでまったく話ができなかった。Mちゃんは笑顔で何回か話かけてくれたが俺はまったく話かけれず、4人でお昼ご飯を食べてその後カラオケに行き、ドライブした。

とにかく1日中まともな会話ができなかった。

そしてWデートの後、連絡先交換して後日電話したときに今度は二人で会ってくれるように言うと返事はOKだった。

俺は最高の気分でまたクラスの連中に自慢しまくった。


そして約束の日約束の時間の30分前、俺は今日はちゃんと話できるようにがんばるぞ!

と思い今まさに出かけようとしたとき電話が鳴った。

出るとMちゃんで「今日なんだけど行けなくなっちゃったの」

俺はえ?どうして?と思ってたら「何度も電話したけど居なかったから」

じゃあ別の日の会おう?って聞いたら「別の日ももうなし」と言われ俺は頭が真っ白になって

「あ、あ、あ、・・・」とこんな感じだった。

Mちゃんはごめんね。と何度も言って電話は切れた。


次の日、学校でクラスの奴らに、めちゃくちゃバカにされた。


しかしアホな俺は付き合えないのはわかったけど、とにかく気持ちだけは伝えたいと思い

もう一度電話して、最後に一度だけでいいから会ってほしいと伝えた。

Mちゃんは「うーん。。うーん。。」とかなり困っているようだった。

明日、もう一度だけ電話するからその時に答えを聞かせてと言って電話を切った。


おれは、もうMちゃんがおれとは会いたくないし付き合えないこともわかっていた。だけどとにかく会って気持ちだけは伝えたかった。


次の日電話するとMちゃんは「やっぱりもう会わないほうが。。」と言った。

おれは、それを聞いて「ずっと好きでした。無理だとわかっても気持ちだけは伝えたかったから」言って電話を切った。

今思うと当時の俺は相当自分に酔ってたピエロだったんだなーと恥ずかしい気持ちでいっぱいになる。


これが俺のはじめての失恋でこの先も数え切れないくらいの失恋を経験することになるとは知るよしもなかったのであった。


みんなの読んで良かった!