★9★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【夜中に洗濯機が走るこわーいお話】

1 / 5 ページ

前編: ★8★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【イギリス版松尾芭蕉生活】
後編: ★10★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【リンゴと歯の妖精、そしてテムズ川】

このお話は、35歳にして子供2人を抱えて離婚。

頭にきて、家を飛び出したらそのまま地球の裏側のイギリスまで行ってしまったおバカな一年間のおはなしです。

前回のお話は★8★読みください。


前回、Argosというカタログショッピングのお店の話をしました。

このArgos,町のハイストリートにあるので、とても便利。

私みたいに英語で不自由している人にとっては、家にその電話帳のようなカタログだけ持って帰り、

自宅でじっくり吟味できますし、ないものがないんじゃないかってぐらいの品ぞろえでした。


そのArgosでは、洗濯機も購入。

だってないんだもん。


本当は日本製が欲しかったのだけど手が出ない値段だったので、信頼のドイツブランドに決定!


ほどなく、自宅に届けられました。


で、配送業者がきて、

どすん!!

と、玄関に置いて行きました。


えっと・・・。

こ、困ります。そういうの。


なんとか引き入れたものの、配線とかホースとか日本のものと全然違うので分かりません。


そういう時は、愛しのスチュワード。

彼を読んで配線してもらいます。頼もしい~。


今まで、手でごしごしお風呂場で洗っていたものが、あっという間に現代の人間としての暮らしレベルに上がります。


洗濯機はキッチンにあって、上にキッチンの天板が来るよう収納されました。

寸分の狂いのない美しくデザインされた私のキッチン。

ガスオーブン、冷蔵庫は備え付け。

冷蔵庫は外から見えないように、天然板のドアでカバーされていました。

天板は大理石。


心から落ち着ける、自分の居場所でした。


さて、洗濯機を使い始めてから一か月ほどしたある晩のことです。


子どもたちを寝かしつけているときでした。


と、突然。

みんなの読んで良かった!