靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

1 / 3 ページ

ホームレスを覚悟した、24歳の冬

今でも忘れはしない、2013年真冬の2月3日、午前8時

大阪梅田の一等地の阪急百貨店前の歩道橋で人生をかけた勝負が始まる。

これができなければホームレス、そう覚悟をして家を出る。



今まで24年間で積み上げてきた、

簿記やFP、宅建などの資格や

学生時代にも起業したり、

学生団体を作って5000人集めたりで活動した実績

今持っているプライドをすべて捨て

本当の0から自分でビジネスを作り上げる覚悟を持って。



「それくらいしないと自分は変われない」



誰か知り合いに会ったりしないかな?

何か誰かに注意されたりしないかな?

警察に摘発されたりしないかな?




そんな不安と後ろめたさで、家で動けなくなっていたが、

「もうやるしかない」そんな覚悟を決めて家を出たことを覚えている。








2年前は新入社員として入社した普通の社会人



僕は大学卒業と同時に、とある中小企業に就職をしている。

就活は訳あって、4年生の12月から開始をした。



「ただ単に働いて生活をするだけの人生を送るのは嫌だ!!」

そう思って、会社員になることをひどく嫌っていた。



が、しかし。

収入がなければ生活はできないため

しぶしぶ会社員になる選択をする。

ただ、学生時代に起業していたこともあって

≪絶対に自分でビジネスをする≫と決めていた。



唯一、1社だけここなら働きたいと思う会社に出会えた。

しかし、実際に働いてみると、

やはり外から見る会社と中から見る会社は全く違うくて。



入社当初はこの会社なら40年間働いてもいい!と思っていた気持ちは

入社3ヶ月で、3年以内に独立をするという心変わりをする。




そこで目をつけたのが、ネットビジネス。

会社が忙しく、平日も帰るのは23時、土日出勤当たり前。

そんな環境の中で、副業をするには

いつでも仕事ができて、元手のかからないこれしかなかった。



そのネットビジネスの中でも、始めたのは輸入ビジネス。

僕の中では革命的だった。

「これで月に何十万、何百万と稼ぐ人がいるのか??」

「これなら僕も会社員を辞められるようになる!」



そう信じ込んでいたが、そんな甘いものとは知らずに、

約1年半輸入ビジネスに取り組むことになる。





副業1年半で総利益は7万円???



上手くいくと信じて始めた輸入ビジネスは、

月平均にすると1万円も利益が残らない。

時給換算100円ほどの労働収入。



唯一の救いは、マイナスではなかったこと。

今現在の僕が、友人知人に話をすると、

「よく1年半も続けられていたな。笑」と。



しかし僕は、これで上手くいくと信じ続けてきたし、

これでしか会社を辞められないと思って続けてきた。



入社をして約2年、タイムリミットはあと1年しかないにも関わらず、

まだ月の収入は1万円。

このまま続けても、月に2万円くらいにしかならない計算で、

「どうしたものかなー?」と頭を悩ませていた時期であった。




事件は突然に



2012年12月

靴磨きを始めた2か月前のことである。

事件は突然起こった。(というより起こした。笑)



会社の仕事で、大きな責任を押し付けられる出来事が起こる。



僕は、約2年務めていて会社で出来るようになったことと言えば、

・責任を押し付けられないための証拠資料の作成

・僕の意見じゃなく、上司の意見だという証明の根回し

・変な仕事を押し付けられないための要領の良さ

こんな感じである。



みんなの読んで良かった!

他2コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。