ママ、私をみて。

6ヶ月の娘はよく大きな声をあげる。

余裕のあるときは抱っこする。
娘のお世話、掃除、洗濯、お買い物。
余裕のないとき、なんで?こんなに叫ぶの?
泣きたい気持ちで尋ねる。
娘は笑顔。
いっぱいいっぱいのときは、一緒にお昼寝してお散歩。

ねぇ、ママ私を見てる?
あれ、ママいない。どこ?
ママ、ほらみて出来るようになったよ。
ママ、ミルクちょうだい。
ママ、オムツ交換してくれる?
ママ、眠たい。
パパがいても娘は私の方みて笑顔。
ねぇ、パパに抱っこしてもらえたよ。
ママ、みてる?
たぶんこんなに人生の中で私を必要として叫んで読んでくれるのは娘が初めてかもしれない。
今日も娘を私を呼んでいる。
でもなんで叫んでいるかわからないときも多い。
今も携帯を見る私をみて呼んでいる。
最近は、呼ぶ声にも慣れて嬉しく思う。
ママは、ちゃんとみてるよ。
オムツ、ミルクかな?どうしたの?

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。