福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話

1 / 4 ページ

次話: 福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の弐

2013年4月5日僕はインターネットカフェにいた。

二日目に突入したネットカフェでの滞在。



なんで俺はここにいるんだったけ?



仕事が出来ずうだつの上がらない僕は上司や先輩に毎日のように叱られ日々のサービス残業、そして溜まってゆく仕事に限界を感じていた。

自分が腐っていく感覚がわかった。


もう無理だ。



休み明けの朝、僕はその日出勤せず実家近くのネットカフェに逃げ込んで、ずっと「痛くない自殺」をキーワードにパソコンとにらめっこをしていた。


鳴り続ける携帯。


それを全部無視してずっと死ぬ事ばかり考えてた。


でも二日経っても死ねずにいた。

死ぬ勇気もない本当に中途半端な人間だと悲しくなり泣いた。


そこでふとモニターに目をやると『旅』と言う文字があった。




「そうだ…。前からやりたいと思ってた旅…。一度死んだと思えばもう失う物もない!!旅に出よう!!!」


少し生きる気力が湧いてきた。


携帯をみると母親から連絡が何件も来ていた。

「連絡を下さい。皆心配してます。生きているかだけでもお願いだから…」

こんなに心配かけて本当に情けなかった。

後になって姉から聞いたのだけど、勤めていた会社へお詫びにも行っていたらしい。


家に帰ると母が出迎えてくれた。

「......おかえり」

「ごめんなさい....」

「うん、心配してたよ。ご飯は?」

「食べてない.....」

「カレーあるよ食べなさい」


申し訳なさと僕を迎えてくれた母の有難さが混じり涙が止まらなかった。


その時食べたカレーの味が今でも忘れられない。


そして自分からこれからの事を切り出した。

「俺、旅に出ようと思う。ずっとやりたかった事だし、正直今は次の仕事を探す気になれないから...」

すると母は

「それは無理して、自分を追い込もうとしてやる事ではないよね?」

「うん、『今』本当にやりたいことをやりたい。旅をやりたいって事は嘘じゃない」

「わかった。それなら何も言わないよ」

今になってもその時の母の寛容さに感謝するばかりだ。


しかし一口に旅と言っても何から始めたらいいんだ?




1:旅の準備


とりあえずどうやって旅をしよう。

正直なんでもいいんだけど、車

だとすぐに終わりそうだし、自転車だと一年程で終わりそうだ。

どうせなら二年くらいかけてやりたい!

徒歩でやってみよう!


そこから準備が始まったのだけど


僕には貯金が無かった。


情けない事に口座には数万円しかなかった。

前の会社が安月給で、かなり節約していたものの経済的に厳しかった。

しかし元手がなければ旅も糞もない。


「身の回りの物全部売ろう!!」


新車で買った車、ゲームソフト、服、バッグ....値段が付きそうな物は全て売った。

できた元手は40万円。

多いか少ないかわからないけど、とりあえずお金はできた!これで旅に出られる!

そこからバックパック、寝袋、テントなど旅に必要な物を買い、残った金額は35万ほどになった。

正直これで足りるのか不安だった。

いや!もうやるんだ!とにかくこれで行ける所まで行こう!!


そして携帯も解約した。

毎日毎日携帯ばかり見てる自分が嫌だったからだ。

実際これが1番不安だった。

携帯がない生活なんて想像も出来なかったから。


そうして旅の準備が整っていった。





2:旅の出発


旅を始める一週間ほど前、友人数人が送別会(?)をしてくれた。



「歩いて日本一周....?なんでまた……」

「なんだかんだ広島あたりで帰ってくるんじゃない?」

「俺だったら近所のコンビニでも車使うけどな」



かなり『お前には無理だろ』的な空気があった。


まぁそりゃ仕事をこんな形で辞めたし、元々から色々な事に対して中途半端だったからなぁ。


また不安になった。

途中で辞めちゃうんじゃ?

怪我したら?

病気したら?

変な人に絡まれたら?

夜はどうしたら?


やっぱり辞めようかな....なんて何回思ったか。


自分さえも自分のことを信用できて無かった。

今思うとよくそんなんで旅に出たなと思うばかりだ。

みんなの読んで良かった!

他5コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。