福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話

1 / 12 ページ

後編: 福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の弐

2013年4月5日僕はインターネットカフェにいた。

二日目に突入したネットカフェでの滞在。



なんで俺はここにいるんだったけ?



仕事が出来ずうだつの上がらない僕は上司や先輩に毎日のように叱られ日々のサービス残業、そして溜まってゆく仕事に限界を感じていた。

自分が腐っていく感覚がわかった。


もう無理だ。



休み明けの朝、僕はその日出勤せず実家近くのネットカフェに逃げ込んで、ずっと「痛くない自殺」をキーワードにパソコンとにらめっこをしていた。


鳴り続ける携帯。


それを全部無視してずっと死ぬ事ばかり考えてた。


でも二日経っても死ねずにいた。

死ぬ勇気もない本当に中途半端な人間だと悲しくなり泣いた。


そこでふとモニターに目をやると『旅』と言う文字があった。




「そうだ…。前からやりたいと思ってた旅…。一度死んだと思えばもう失う物もない!!旅に出よう!!!」


少し生きる気力が湧いてきた。


携帯をみると母親から連絡が何件も来ていた。

「連絡を下さい。皆心配してます。生きているかだけでもお願いだから…」

こんなに心配かけて本当に情けなかった。

後になって姉から聞いたのだけど、勤めていた会社へお詫びにも行っていたらしい。


家に帰ると母が出迎えてくれた。

「......おかえり」

「ごめんなさい....」

「うん、心配してたよ。ご飯は?」

「食べてない.....」

「カレーあるよ食べなさい」


申し訳なさと僕を迎えてくれた母の有難さが混じり涙が止まらなかった。

みんなの読んで良かった!