滋賀県から沖縄県まで自転車1人旅をした結果、自分の価値観が変わった話【序章】

まずは自己紹介と旅の経緯から、、、、、
2015/2/24〜2015/3/20の期間、僕は滋賀県から沖縄県まで自転車1人旅をしました。その経験を今更ながら投稿していこうと思います。
僕はごく普通の大学生。高校3年生の時に進路選択に失敗し大学へ通うことになり、平凡な学生生活を送っています。
時間のある時にはアルバイトをし、ひたすら貯金。お金がどんどん溜まっていきました。
そんな時、なぜ自分が大学生へ進学したのかを考えこんな学生生活ではダメじゃないかと思うようになりました。
一度人生選択で失敗し、神様に新しい人生をもらったと思って大学に入学したことを思い出し、大学2年生の時にとりあえず1人旅に出ることを決意する。
はじめは、発展途上国に行って単独でボランティアをしようと計画するが、両親に止められた。理由はお腹が弱いから(笑)これには自分の事ながら笑いました。そういえば小さい頃からお腹が弱かった。1人で発展途上国で体調を壊してやっていく勇気はさすがになかった。
そんなこんなで国内1人旅に変更。趣味でサイクリングをしていたので自転車で沖縄へ行ってやろうと決断。これなら両親も何も言わなかった。
スタート地点は日本のほぼ中心に見える滋賀県。琵琶湖のあるのどかな所です。ある程度の装備を自転車に備え付け旅に出た。
そして2015/2/24。沖縄県を目指して1人旅が始まった。ここから様々な人と出会い、今まで経験した事のないようなことが起こり自分の価値観がどんどん変化していくSTORYを数話に分けて紹介していきたいです。
よろしくお願いします。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。