実績もないスポーツメンタルコーチがたったの2年でプロ野球選手を生み出すまでの話【独立前】

1 / 2 ページ


今回の話は私がスポーツメンタルコーチとして創業し、僅か2年でプロ野球選手が誕生するまでの話を綴りました。


ドラフト会議
DeNAベイスターズ  
ドラフト5位 
山下幸輝 
国学院大 野手
自分
やった〜〜〜!!!!
夢が本当に叶った!
幸輝、本当におめでとう!!!

2014年10月

この年のドラフト会議で大学3年夏からサポートしていた山下幸輝くんが、

プロ野球選手という子供からの夢を叶えました。


テレビで泣きじゃくる幸輝を見て、僕は嬉し涙よりも、

ホッとした自分がいた事を今でも鮮明に覚えてます・・・


それくらい、「幸輝は絶対にプロ野球選手になれる!」と心から思っていたからです。


だから、

涙よりも、

1人の人生の夢のサポートを全う出来た事への安堵感でいっぱいでした。


今では多くのプロアスリートをサポートする多忙な日々です。

プロ野球選手、プロサッカー選手、オリンピック選手など、

名前を出せば誰もが知っているような選手たちをサポートするまでになりました。

プロ選手
鈴木さんに是非ともお願いしたいんです!
プロ選手
オリンピックは鈴木さんの力が必要なんです!

Twitterではすでに10万人以上の選手からフォローされるまでになった私。

多くのトップアスリートからメンタル面で厚い信頼を得るまでになりました。


しかし、そんな私の4年前はというとまったく違った人生でした。

自分
スポーツメンタルコーチとして独立しようと思っている・・・
同級生A
お前には絶対に無理だね〜
同級生B
メンタルが弱いお前が出来る訳がない!
同級生C(信用金庫勤務)
独立するならうちから金を貸すよ!
売り上げはいくらだ?
10万もないか?笑

フワフワとした感情と絶対にこの道で「メンタル面でアスリートに貢献するんだ!」という熱い気持ちを持って独立する間近の出来事でした。



当時、

週末起業という形で平日は営業マンとして都内を歩き回ってました。

サラリーマンのかたらわ、

土日はスポーツメンタルコーチとして仕事を積み重ねてきました。


正直、

今すぐに独立して生計が立てられるような売り上げはありませんでした・・・

スポーツメンタルコーチとしてやっていける保証なんてないようなもの・・・


それでも、

家族にも相談せずに独立を決めた私。


そんな時に、

みんなの読んで良かった!