北海道発!トマト農家の僕が夢に向かって走り始めるまでの話【第3話】

前編: 北海道発!トマト農家の僕が夢に向かって走り始めるまでの話【第2話】
後編: 北海道発!トマト農家の僕が夢に向かって走り始めるまでの話【第4話】

勉強・勉強・そして勉強の日々



というところから始まった今回のプロジェクト。

始めの頃は、ブログの効果的な書き方や写真の撮り方など、


いわゆるウェブでの発信についての知識習得が中心でした。


そして、徹底的に教えてもらったのが環境整備の考え方。

何事も事前にしっかりと準備しておく事が必要なわけで、


この点については事ある毎に徹底的に体に染み込ませています。



他には、

準備

報告

メモ

連絡

発信

調査

相談

など、ビジネスの基礎的な部分から勉強を重ねてきた約1年間。


この先もまだまだこれから勉強・勉強・勉強の日々が続いていきます。




そのプロジェクトとは?


そして現在私が取り組んでいるのが、


北海道・仁木町産の高糖度トマトを使用して、


最高級のトマトジュースを製造・販売するプロジェクト。



特別な記念日の贈り物やプレゼントとして、

贈る人も受け取る人も笑顔になれるような、

そんなトマトジュースを作りたいと考えています。


原料となるトマトにこだわるのはもちろん、


製品のコンセプトや販売方法、ラベルや箱のデザインなど、


細部にまでこだわりぬいた最高級トマトジュースを作り、


日本国内はもとより、海外展開への販売も視野に入れた、


最高級クラスのジュースの製造・販売を目指していきます。



現在、各分野に精通した方からの協力体制が出来つつあるのですが、


今回はその皆様からの薦めもあり、


Makuakeにてクラウドファンディングを実施する事になりました。

ぜひこちらのページでも応援していただけると嬉しく思います。


クラウドファンディングタイトル

北海道・仁木町産の高糖度トマトを使って最高級トマトジュースを作りたい!




大切なキーワード


このプロジェクトですが、


コンセプトとして掲げているのが、


「農業」


「IT」


「北海道」


という3つのキーワード。



特にこのプロジェクトにおいては、


販売ルートの構築や商品のブランディング戦略、


スタッフの確保や資金調達等の様々な点において、


「IT」の力を活用するという点が特徴として挙げられます。




前回の話の中で、


本にしたら面白い切り口になりそうとお話ししたのはこの部分。



北海道ではまだまだ浸透していないインターネットの活用。


これが、東京ではなく地方である北海道で、


そして農業の分野で活用していく事の重要性。


ここをぜひ皆さんに注目していただきたいのです。




これを形にするべく集まりつつある協力・応援の体制は、


それだけでも驚きのストーリーになるのではと思っていますし、


これからもまだまだ驚きの展開になりそうでワクワクしています。




この点については随時発信を続けていきます。


STORYS.JPでもまた書いていきたいと考えているので、


ぜひそちらもお楽しみにしていただけたらと思います。



続きのストーリーはこちら!

北海道発!トマト農家の僕が夢に向かって走り始めるまでの話【第4話】

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。