「忙しすぎて、そんな暇ない!」という人ほど立ち止まって考えよう! ~内観があなたを変える~

1 / 3 ページ

私は自分の経験から、人々に『心』に真摯に向き合うことを推奨しています

実際にこれが理解できれば、まさに表情は変わり、体調さえも劇的によくなってしまったりするのです^^

しかしながら、実際に『心に向き合う』といっても何をしたらいいのか?と悩む人々が多いので、そのやり方を伝える活動を山梨でしております。

『今の現実(私)を変えたい!』

という強い想いを持っている人々に、なにか少しでもヒントになればいいなと思ってこの記事を書いております。



何かおかしい、、、でも考える暇さえもない!

「あ~、忙しい、忙しい!」

仕事、勉強、育児、、、、色々なものに振り回され、ストレスを感じている人は多いだろう。

しかし、自分を忙しくさせているものについて深く考える人はかなり少ない。

「明日の資料に間に合わせなくてはいけないから!」

こんな理由で仕事にのめり込み、家族の事や、自分の事は後回し、、、なんていう人も多いだろう。

でも、実はそこを深く考えることはかなり意義深かったりするのだ。


「『仕事』が忙しい」の『仕事』って何?何のためにしているんだったっけ?

こんな事をトコトンまで追求することは、実はその後の人生をガラリと変えるほどの意義があるのだ。

しかし、このステップを踏み出す人は稀である。

自分自身もハマったことがある。『仕事、仕事、、、』の人生に疑問を感じながらも、それを『是正するための方法を考えるヒマさえもない』と思ってしまった事があるのだ、、、


トコトン追い込まれて初めて?

でも、実はそんな時ほど『忙しい理由』を探る価値が有るのだ。逆に言えば、そこまで追い込まれて初めて真摯に考え始めることができる事は多い。

とはいえ、自分が追い込まれている時にはその原因を追求するよりも、取り敢えずは対処方法を取ることを優先するだろう。

その方がわかりやすいのだが、残念ながらその場合には問題は解決しないままであることが大半であろう。



また、追い込まれると体調などに変調をきたすことも多い

病で倒れたり、不注意から骨折して入院となったり、、、、

でも、これも良い学びの機会だったりする。


ここまで追い込まれて初めて「これはもう、何とかしなきゃ!!」という気持ちになれたりするから。

ただ、こうなる前に自分の『心』に真摯に向かい合っていたとしたら、そんな体調不良にはなっていなかったとは考えられないだろうか?


タイミングは人それぞれであるが、やはりどこかのタイミングで自分の『心』に真摯に向かい合う時間を持つのは非常に良いと思う。


どうしても周りに左右されちゃう?

よく聞く言葉で、「周り(みんな)がそう言っているから、、、」というのがある。

『自分』ではなく、『周り』を見て考える癖が付いているのかもしれない。

『周り』に気を配れるのは、空気を読める日本人の素晴らしいところかもしれないが、そのことが『自分』に蓋をしてしまっていたとしたら、それは寂しいのではないだろうか?

みんなの読んで良かった!