Bride of Japan 2015ファイナリスト 橋本有未 志望動機

1 / 3 ページ

BOJを知る切っ掛けは、恩人の愛が作ってくれました。


ある日、

「素敵なミスコンテストがあるからウェブサイトを一度見てみて!」と

連絡を受けたのです。



そう教えてもらったものの、その時はコンテストに参加する自分が想像できず、

「人前で話すのも苦手で、写真撮影の際にも一番後ろに引いてしまうくらい引っ込み思案な私が、

コンテストで誰かと競うなんて」と、思っていました。



実は昨年から、やっとの思いで憧れだったモデルとしての活動を始めたばかりなのですが、

ブライダルのお仕事をいくつか頂いた事もあり、

かねてから憧れていた桂先生のドレスを着てショーに出られたりしたら素敵だな、と

興味本位でウェブサイトを拝見したのを覚えています。



ところが、BOJのことを知っていくうちに、

不安だった気持ちを忘れ、強い関心が湧いてきました。

私の想像していた、所謂「美の闘い」といったような

イメージのミスコンテストとは全く違っていたのです。


BOJのテーマは、


「家族・文化価値・時間」の大切さを永遠に守り、伝えていく日本の美しき花嫁


です。これを知り、


文化を象徴する結婚というテーマを通して、

日本の精神であるおもてなしを体現し、

その素晴らしさを世界へ伝えていく・・・


そんな素敵な女性像が思い浮かび、自分もそうなりたいと思いました。


そしてBOJの事をもっと知りたくなり、

自然と過去の写真や動画や活動を、どんどん見てゆきました。

禅やファッションを通して大切にしてきた自身の精神と共通している部分も多く、

とても共感しました。


見ているうちに、


「私に何ができるだろう?」

みんなの読んで良かった!