リストカット

リストカットで死ぬケースはほとんどない。
きちんと場所を特定して、ためらうことなく相当な深さまで切らなければならない。
その上、失血するまでの時間が異常にかかり、あまり現実的な方法ではない。
じゃぁなぜするのか。
実を言うと、主治医から聞いた話で「縫う深さ」と「縫わなくて良い深さ」には、診療に違いが生じるとのこと。
それ以上の話は聞けなかったが、私が思うに「縫わなくて良い深さ」は単なる自傷行為に過ぎないが、「縫う深さ」はその他の方法も含めて一線を越える可能性があるのだろうと思う。
何しろ、ためらっていないのだから。
衝動的に全力を尽くすケースも視野に入れるということだ。
ま、いずれにしろリストカットのみだと、自分から他人に言うか、病院に行くか、誰かに発見されるか、で終了する。
ただし、なぜ?
が、大切になってくる。
私の母親も心の底で本気で助けを求めていたのだろう。
浴槽で見つかった死体には、深いリストカットの跡があった。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のさとおじさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。