人前に出ることが苦手だった子が芸能界に入る切っ掛けになった話

1 / 4 ページ

Story.jpの読者の皆さんこんにちは✌️

今回は自分の人生を見つめ直す意味

そしてみんなに僕がどのような人生を送ってきたか知ってもらいたくて

このブログを書きます❗️

今回は僕がこの芸能界に入るきっかけを作った。

『ダンス』

ダンサー時代の話をしたいと思います。

このダンサー時代がなければ今の僕は100パーセントここにはいないと思います。

夢を追う事もなく、普通の生活を送っていたと思います。

ダンスを始めた切っ掛けは、当時高校生だった僕が憧れていた、アメリカの伝説的アイドル

B2K(ビーツーケー)と言うアイドルにあごがれて始めました!!



特にそのグループのリーダーOMARION(オマリオン)

と言ったら、もう何をやっても文句のないほどかっこ良くて、

憧れて毎日B2Kの音楽を聞きながら、LIVEの映像を見ながら

よく真似して踊ったりしてました。


オマリオンとは、、、

オマリオン(Omarion、1984年11月12日 - )は、アメリカの歌手、ソングライター、ダンサーである。元アイドルグループB2Kのリードボーカルで、2005年からソロで活動している。本名オマリ・イシュメール・グランドベリー(Omari Ishmael Grandberry)。弟のO'Ryanも歌手である。


カリフォルニア州イングルウッドで7人兄弟の長男として生まれる。2001年に4人組グループB2Kのメンバーとしてデビュー。アルバム『B2K』『Pandemonium』などがヒットする。2004年にグループは解散。2005年にソロデビューし、デビューアルバム『O』が大ヒット。グラミー賞にもノミネートされる。2006年12月、レコーディング時の年齢にちなむタイトルの2ndアルバム『21』をリリース。

また俳優としても活動し、映画『ユー・ガット・サーブド』などに出演している。

と俺の中では今でもカリスマ的な存在です!!

みんなの読んで良かった!