お金もない・仕事もない・記憶のなくなる病気を抱えた自称アーティストが崖の淵で耐え続けて掴んだほんの少しの夢物語。

1 / 2 ページ

夢見ることができれば、それは必ず実現できる。

そう夢は願い続ければ必ず叶う。

ただ願い続ける事が難しい。

想い続ける事が難しい。



でもね、みんな夢があるって

素晴らしい事なんですよ?

きっと自分が何をしたいのか

わからない人も沢山いると想います。


だから夢があるってだけで

そりは人生得した様なもんです!!


だって楽しいでしょ?


夢を追ってる時って...

そして達成した時嬉しいでしょ?




その夢がデカイとか小さいとか関係なくて

例えば

※あの美味しいパンケーキが食べたい

※アメリカに行きたい

※こんな仕事がしたい

※有名になりたい

夢に形はないから100人いたら,100通りの夢

もしくはそれ以上の夢があると思います.



そんな夢を追うみんな

"決して夢を諦めないで"

そうすれば夢は自ずと自分に近づいてきて

叶う日が必ずきます



そして僕は些細な事かもしれないけど一つ夢を叶えました。

僕がStylist(芸能人の衣装さん)

になるきっかけになった

世界で今最も注目されている



Stylist



VIRGIL ABLOH


裏と表を行き来する“2014年世代”の星.

ヴァージル・アブロー



カニエ・ウェストのファッションご意見番として知る人ぞ知る存在だったヴァージル・アブロー。自身のブランドを立ち上げるや否や、世界中で話題に。






"この人に自分の事を知ってもらう事"


それが僕のスタイリストを始めたきっかけでした。

スタイリストを始めて約5年

ようやくその夢が叶いました。

しかも

知ってもらうだけでなく...




実際に会ってきました。

今でも夢を見ていたかの様です。

って僕のブログを読んでる方に

きっとこの感動は伝わりにくいと思うのですが

多分今

『バージルってだれ?』

ってなってますよね?笑


多分誰でもこの人には会ってみたい

けど100パー無理だなって人に

会った時のことを想像してみて下さい!


例えば

ジョニーデップや木村拓哉やミランダカーとかBIGBANGとか

僕の中では

この人が世界で一番会いたい人なんです


きっかけはInstagramのコメントです。

偶然のコメントが昨日の事で

その日に急遽お会いできる事に、、、



そうなんです。



夢ってのは思わぬところから

ふとやってくる物なんです。


些細なきっかけの繰り返しが夢を叶えてくれます。



でも会えるのは深夜

僕は今闘病中で、正直23時まで起きてられたら

奇跡に近いぐらいなんです。

起きてる起きてないではなく

記憶が飛んでしまうのです。


じかし、このチャンスもう二度と来ないかもしれない。

行くか行かないか本当に悩みました。



これが僕が思う

夢は叶う物ではなく

叶える物

という事だと思います。



普通に考えたら病人の俺がぶっ倒れる可能性の方が大きい。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。