お金もない・仕事もない・記憶のなくなる病気を抱えた自称アーティストが崖の淵で耐え続けて掴んだほんの少しの夢物語。

1 / 5 ページ

夢見ることができれば、それは必ず実現できる。

そう夢は願い続ければ必ず叶う。

ただ願い続ける事が難しい。

想い続ける事が難しい。



でもね、みんな夢があるって

素晴らしい事なんですよ?

きっと自分が何をしたいのか

わからない人も沢山いると想います。


だから夢があるってだけで

そりは人生得した様なもんです!!


だって楽しいでしょ?


夢を追ってる時って...

そして達成した時嬉しいでしょ?




その夢がデカイとか小さいとか関係なくて

例えば

※あの美味しいパンケーキが食べたい

※アメリカに行きたい

※こんな仕事がしたい

※有名になりたい

夢に形はないから100人いたら,100通りの夢

もしくはそれ以上の夢があると思います.



そんな夢を追うみんな

"決して夢を諦めないで"

そうすれば夢は自ずと自分に近づいてきて

叶う日が必ずきます



そして僕は些細な事かもしれないけど一つ夢を叶えました。

僕がStylist(芸能人の衣装さん)

になるきっかけになった

世界で今最も注目されている


みんなの読んで良かった!