元とび職の不良が海外名門大学を卒業して今更気づいたこと。通称UCバークレーでのぼくのやったこと

1 / 3 ページ

親父が稼いだ大切な金を使うなら最高の環境が整った大学で学びたい。そう思い思い切って「てっぺん」を目指そうとアメリカに留学しカルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーを最近卒業した。


以前『本編】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと。」の話』という記事を書いたがその卒業編である。(http://storys.jp/story/9679


     


結果は自己責任?

「オレ昔不良だったんです」と言う人を見るとダサいなーといつも思う。

あんな感じにはなりたくないなーなんて思っていたら、おもいっきり昔不良だったネタを利用してStorysに記事を書いた。


普通なかなか留学なんてできないのに僕は恵まれていて24歳の時からアメリカのバークレーで勉強した。そこで自分が自頭を理由に努力や工夫を怠っていたこと、世界のエリートは誰にも負けない努力家集団だったこと、いつから勉強を始めてもいいということ を共有できたら少しでも誰かのやる気に火が灯るのではと思っての行動だった。だから公開したくもない中学時代の写真と昔のエピソードを添えてStorysに記事を書いた。


そのお陰で運良く記事がバズった。批判も沢山あったけど多くの人に読んでもらうことができた。「すごいね」「よくやった」「良い家族だね」など嬉しいメッセージも沢山もらった。


まわりの助けがあったからうまくいった。」というメッセージもあり、本当にそう思う。


ただその時にすこし違和感があった。それはうまくいかない時や失敗した時に自分の頭にあるのは


「それは自分のせいだ!」と考えていたから。


同じ人の行動でも結果がでれば周りのおかげだと感謝し、結果がでなければ自分のせいだと自分を責める。自分を奮い立たせる意味ではこの自己責任という考え方が悪いことはないかもしれない。でも僕は安易に自己責任という考えを使ったり他人の場合にも適用しようとしたりすることに違和感があった。



「それって自己責任でしょ?」そうい言った瞬間に思考は停止する。

成績が思うように上がらない時に「うまくいかないのが自分のせいだ」と思ったら、ただ闇雲に今まで同様のイケてない方法をやり続けてしまう。


「なんかやる気があがんないなぁー」と思った時も、それは自分が怠けているからだと思いひたすらグーグルカレンダーが埋まるように勉強時間を増やしプライベートな時間を減らしていった。自己責任だと思うことで、それ以上先に思考を巡らせることを怠った。そんな時は大した改善はできなかった。


それ意外にも、卒業間際までひたすら色んな問題にぶち当たりまくった。


UCバークレーという大学では意図的に学生がつまずくように設計されている様にすら感じた。尋常じゃない量の課題を与えられたり、どう考えても解けない難解な課題を渡されると「なんて自分はできないんだ」と思いつまずく。一人でがむしゃらにやってどうにかなることはあまりなかった。


「まわりの力が必要だった」


当たり前だけど一人で出来ることなんてほんの少しだ。どう周りと協力し、貢献して前進するのか考えることが必要だった。まじめな性格の為か、自己責任だとすぐ思ってしまいその瞬間に思考が停止し客観的に捉えることができなくなった。そんな時に思った


いや待てよ。うまくいった時はまわりのお陰だって思うのだから良い結果を出すには自分だけでなく、まわりとうまく関わらなきゃダメじゃん」そう思うようになった。


それから少し行動が変わった。


モチベーションなんて勝手に上がらない。熱い人のところに行って話を聞いてモチベーションを保ったり、やり方が本当に悪いのか、それとも戦うフィールドを間違えているのか冷静になって考えたりした。


まわりから助けをもらう為には自分が出来る範囲で相手に貢献し、信用がなければ得られない。もちろん人間性も問われる。 手書きのノートをグーグルドキュメントにすべてタイプして共有したりスタディグループを作るなどして効率ばかりでなくむしろ普段時間の無駄だと思ったり面倒なことを率先して行うことで少しずつ助けを得られる関係を作っていった。

みんなの読んで良かった!