「ワシに幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ」のお話。

1 / 5 ページ

行政書士法人というマイナーな会社を経営しています。

ふと仕事をしながら、思ったことがあるので、書かせてもらいますね。

それは・・・

わたし
経験することで、無駄なことはひとつもないな~。


この写真は、わたしが昔、公庫から事業融資を『断られた』ときの文面です。

公庫とは、日本政策金融公庫という政府系金融機関です。

起業する時、会社を経営する時に、いの一番に融資を申し込むところです。(資金が必要であれば)

民間の金融機関に比べて融資してもらいやすいことで知られています。


さて、この文面。

サラッと、送付されてきます(-_-;)


はい。

融資お断りの文書です(-_-;)

顧客へ来たものじゃありませんよ。

わたしに来たものです。


そう、これが今日のタイトルの「ワシに幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ」。

「ワシ=わたし」。

広島なんで広島弁、許してつかぁさい。(ください)


断られたのは、昔といっても、ほんの『2年前』のことです。

つい最近ですね。


~~~


約3年前まで、になりますが、当時、顧客ターゲットは中堅、大手志向。


名だたる会社さまから、お問い合わせ、ご依頼をいただいていました。

また、「どうやって、大きな会社から顧問契約をいただくのか?」ということばかり考えていました。


だって、自分の事業が安定すると思ったから。

従業員もわたしも幸せになると思ったから。

そして、「名だたる会社から依頼を受ける行政書士」というものに酔っていたから。


全然、顧客目線ではありませんね(^_^;)


~~~


中堅・大手相手の案件は、金額もそれなりですが、期間がかかります。

難易度も超高い。

みんなの読んで良かった!