「ワシに幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ」のお話。

2 / 2 ページ

人生なんでもやってみるもんですね。

その転換期のことは、最近のことなのですが実はよく憶えていません。

がむしゃらでした。


数年たち、従業員のみんな、顧客の皆さんのおかげもあり、最悪の時期を脱しました。

営業利益マイナスから、大幅なプラスへ転換


感謝してもしきれません。

足を向けて眠れません。


念のため言いますが、中堅、大手重視をダメという意味ではありません。

わたしの場合、自分の能力と、経営者としての器(うつわ)が足りなかった、ということです。


~~~


顧客層が起業家層、中小零細企業経営者層の一色になったので、

2年前やっていなかった、創業融資サポートを始めました

起業、経営している顧客からのご要望もあって。


実はいま、公庫とは、連携しています(^_^;)

いま共に、起業する人たちの創業融資を通すための仕事をしています。

“う~ん、どうすれば通りますかね~”とか、話し合いながら。

不思議ですね。


~~~


あの時、融資を断られたことについて、当時は相当ヘコみましたし、危機でした。

ですが、今はプラスになってます。


だって、思いませんか?

融資、断られたことのある専門家って、そうそういないと思いませんか?

わたしの知る限り、ほぼ、いない。


いや~自分で言うのはほんと変ですけども、

ワシに言われたら、そりゃ説得力あるわ~(笑)

※広島弁。


だって、断られたんだから。

融資してもらえなかったんだから。

その時の気持ちも、危機も経験済みなんだから。


ほんと考えてみると、融資断られたこと、プラスですね。

これを「災い転じて福となす」というのでしょうか。

いや、「七転び八起き」というのでしょうかね。

まさに、ワシの人生そのものですな。


~~~


もう一度、載せますね。





ワシに

「あんた、ダメ経営者だから、死ぬほど考えなさいよ」と教えてくれた一枚の紙切れ


ワシに

幸福をもたらしてくれた、たった一枚の紙切れ

です。


これからもいろいろあるんだろうな~。

でも・・・

わたし
経験することで、無駄なことはひとつもないな~。

んまあ、無理せず、頑張っていこうかな。


長文になりましたね・・・。

読んでくださったあなた、お疲れ様でした。

同時に、心から感謝します。

著者の崎田 和伸さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。