旦那は包茎童貞38歳。子供は江頭2:50

1 / 2 ページ

彼女は産まれてきた時、眉間にシワを寄せてブサイクな顔で泣いていた。


確かに写メを何度見てもブサイクなのだが、私に取っては可愛くて仕方ないのである。

陣痛の死ぬんじゃないか?というくらいの痛さや、切開のこの世の終わりの痛さなんてぶっ飛ぶくらい

産んだ瞬間

(ああ!もう2・3人欲しい!!)


ん?


(……しまった!相手がいない!!!)


包茎童貞38歳に、入籍してから暴力を振るわれていた。

結婚前、包茎童貞38歳は実家住まいであったが、実家でも暴力を振るっていた。

そして、結婚するまで彼の妹が精神障害者だとは聞かされていなかった。

更に、彼の父親は死んだと彼は言っていたがムダに生きていた。

彼の父親は、彼の家族内で何の威厳も無い。

世間体だけを気にしている割には、見栄だけの自画自賛の話しか出来ない人であり、御礼の一言も言えない常識も無い、世離れしたかなり頭のおかしい父親だった。


だが、その上をいくのが彼の母親であるボスザルである。


私と2人っきりの時

「そんなに悪阻が辛いものかしら〜?」

とソファに座りながら足を組んだ。

そこへ旦那が登場すると

「座ってえ〜座ってえー」


私「・・・」


旦那は、俺の母親優しいだろ?目線。


旦那の両親からは、子供を流産させられようとしたが生命力ある子供で無事だった。


この旦那は、旦那で、

卒業式を終えるとスタコラサッサと逃げてしまった。


みんなの読んで良かった!