「海外で働きたい」と思っていた新卒が、就活のレールからはずれ、2年かけて”中東”での海外就職を実現するまでの道のり

1 / 3 ページ

イスラエル・パレスチナ留学を終え、2011年に日本へ帰国。以後、「海外(第一希望はイスラエル、第二希望は中東)に戻って、働きたい」という思いが捨てきれず、常に虎視眈々と海外進出を狙い、新卒で就職し3年目にして、海外就職を実現するまでの道のりを描く。



海外にすぐ戻って働くことは可能?

海外で働きたい!留学から帰って就職活動をするまで常にそんな思いが常にあった。しかも面倒なことに”いつか"ではなく、”今すぐ”働きたいという思いがあった。


しかし!


海外就職というのは、留学と違いお金を払えばできる!というものではないし国のビザの関係もある。やりたいからすぐにできるものではない、今まで生きてきて初めての経験だ。今までは、やりたい、みたい、会いたいことがあれば、自分の行動力だけでなんとかできたのだが、海外就職に関してはそういかなかった。


また、調べていけば調べていくほど、海外就職をしている人たちは「まずは日本で2〜3年の修行を積んだ方がよい」とか「日本でのビジネス経験が重要」、しかも海外は新卒を育てるという文化がないようで、即戦力求むというような会社が大半だ。


2~3年も待ってられないよ!今やりたいんだ!という思いが強かったが、片脚を社会に入れ始めつつある状況においては、学生のようにやりたいこと=すぐ実行できるという公式が成立しないことに気づき始めていた。


あれ・・・・これもしかして新卒で海外就職は難しい?


「新卒 海外就職」などで検索し、めぼしそうな会社を見つけようとするものの、なかなか難しい。そんな現実に気づき始めたところで、新卒で海外に就職することは諦めた。ならば、少なくとも2~3年は日本で働いてそのあとは絶対海外じゃ!


そこで次に考え始めたのが、「海外就職するためには新卒でどのような仕事に就けばよいのか」ということだ。


就活レールをはずれるぜい

確かに、将来海外で働けそうな会社ならいくらでもある。「グローバル」を意識してか、会社や学生もがスローガンのように「グローバルで働く」とか「英語を生かして働きたい」というようなフレーズを唱えていたことは印象に残っている。


とはいえ、本当に海外に行けるとは限らないし、いつになるかもわからない、そんなこともあり、いわゆる、「就職活動」というものに全く熱が入らなかった。


もう1つの理由としては、好きなことをやって人生暮らす方が楽しんじゃね?というポリシーのものとどこのなんの所属になるのかわからないギャンブルよりも、この職で仕事ができる、といった確証が持てる会社にいきたかったのだ。


みんなが SPI対策やES対策などに励んでいる一方で、やっぱり海外で将来働きたい私がやっていたのは海外の学生はどのように就職活動を行っているのか、海外の就職事情などをひたすら調べることだった。そこでいくつかわかったのが、


・日本のような新卒一括採用制度はない

・新卒を育て得る文化はない

・学生はインターンなどに参加し、そこそこの実践力を身につけて就職している

・インターンは基本長期(日本のような短期制度のものは稀)

・基本定年まで勤めるという概念はない

・キャリアアップのため転職を行う


なるほど。海外の学生はこのようにしてキャリア形成、仕事をしているのだな、と思うと将来海外に行くのなら、この海外流に合わせた方がよいのでは?ということで至ったのが、


「転職を前提とした就職活動」(ドーン!!!)


である。聞こえはクレイジーだが、つまりは転職ができるレベルのスキルを身につけられるような仕事を探そう、ということである。


就職活動のレールから完全に外れ、インターンの道に

新卒の仕事もないのに、転職することから考えるなんてなんかズレているかなと思ったが、とりあえず決めたらとりあえずやってみる。まずは実践力をつけるためのインターンシップ探しが始まった。ちなみにインターンといっても、実践型をうたうインターンはごまんとある。その中でも、今後転職しやすそうな業界、デジタルマーケティング、という職種を狙うことにした。


ちなみにこのデジタルマーケティングというのは主にインターネット広告、ソーシャルメディア、ウェブサイト運用・構築といった分野である。なぜデジタルマーケティングが転職しやすそうかというと、


10年前には存在していなかった職種が多い

→(私の予測)30,40代ではその職種に長けている人は少ない?


今後急成長していく分野

→(私の予測)業界のマーケットとしても増えているため、人材の需要が増加するのでは?


Linkedinで検索するとなんかいっぱい出てくる

→(私の予測)欧米ではすでに主流の仕事のようだ。おそらく2,3年後日本でもこういう仕事が増えるだろう。


と勝手に職業分析をしていました。でもこれは裏向きの理由で、表向きには「進化が早い業界で新しいことが次々出てくる分野。自分は新しいことをやるのが好きなのでこの業界にした」というようなよく就活で語られる本心なのかそうでないのか、よく分からない形式的な理由をいっていた。


ともごもご書いているが実際に興味のある分野でかつチャンスもたくさんありそうだから、というのがシンプルな理由。


ということでデジタルマーケティングができる会社を探そう!いくつかのインターンサイトを検索する中で見つけたのが、あるベンチャー企業でのデジタルマーケティングインターンだ。まさにどんぴしゃで、ここぞとばかりに通常の就活では見せたことがないぐらいの熱意で面接に挑んだ。


面接官
なんでこのインターンに応募してきたの?しかもこの時期に。就活はしていないの?


とにかくデジタルマーケティングという職種でスキルを磨いていきたいので!インターンから始めようと思った次第です。(就活についてはあまり触れないようにしていた。)


と就活もせず今の時期にインターンをするような学生ということで、かなり怪しいというか可哀想な目で見られていた。

何度か本気度を確認する面接を経て、結果めでたくその会社でインターンをさせてもらえることになった。のちにわかったことだが、面接をしてくれた当時の上司も、同じ大学で同じような境遇(すんなりと内定がきまったわけではなかったよう)にあったそうだ。


同じような境遇の捨て犬?をもらってくれたのだろうか?そんな感じがした。


インターンを始めた時、卒業まで7ヶ月を切っていた。


就職先は0。


デジタルマーケティングができるぞー!ということで張り切る一方で、まだ見えないあやふやな未来という不安と戦う日々であった。


もちろんレールをはずれても、まわりには就活している仲間や内定ないのにどうするの?といった大人たちに囲まれ、全くプレッシャーを感じなかったわけではない。むしろ、通常のレールにいないからこそ、余計にプレッシャーや不安はあった。ただ、その分本当に自分がやりたいこと、信じることに向かって努力することしかその時はできなかった。


振り返ると、本当に何も知らない学生に対して丁寧に教えてもらったなーと感謝しかない。もちろん、大学で4年間勉強したことがほぼ使えないというむなしさと、そこそこ使えていると思っていたエクセル、パワポが会社できちんと使えるというレベルにはほど遠かったこと、年下のインターンにPhotoshopやデザインの知識で負けている、といった悔しさや自分の未熟さをまざまざと感じさせられた。


この会社では約7ヶ月ほど働き、その甲斐あってか無事?新卒で「Webアナリスト」というデジタルマーケティング職につくことができた。インターンの経験があってこそ、とれたものなのでここは自分の中でも少しだけ「やったぞ!」という気持ちがあった。


もちろんインターンをして、新卒で入社するという方法もあった。しかし、ベンチャーで海外支社もあるとはいえ、まだまだ海外との距離は大きかったし、本当に海外で就職できるかという部分に不安があったため、別の会社へ入社することにしたのだ。


新卒で入った会社は、上司や社長が外国人、英語もコミュニケーションやビジネスの場でよく使う、そんな会社だった。そんな中にいても、海外から日本で働く彼らが羨ましく、自分も海外に住んで働きたいという思いは変わらなかった。


海外の転職活動、始動!

新卒として働き始めて早2年。いいかげん「海外住みたいなー働きたいなー」と思っているだけの自分に飽き飽きしてきた。きっかけはほんのささいなことで、どこかの雑誌かサイトで誰かが「本当にそれがやりたければまずは実行してみることだ」という言葉だ。まあありきたりなきっかけなのだが、確かに「住みたいー働きたいー」と言ってる割には何にもしていないな、自分!ということで実際に行動に移してみることに。


国の選定と方向性を決める。


「海外住みたいなー働きたいなー」といってもどこでもいい訳ではない。就活でいうところの軸があるのだ。その軸とは


場所:中東(第一希望はイスラエル)

職種:デジタルマーケティング

給与:現状より高いとなおよし。

会社規模:問わず。


イスラエルは留学していたことと、やはり最近日本でも少しずつ話題になりつつあるスタートアップ文化が盛んということで、仕事でまた戻ってやるぜ!という密かな野望をいだいていた。全てはこのイスラエル就職にあったといっても過言ではない。


しかし就職マーケットを見ていく上では、やはり別の国にせざるおえないということになり今回はドバイにすることにした。


このニッチすぎる軸により、これから行う海外就職活動がかなり難航することになる。


実際に行ったのは下記の5つ。


1.日本のヘッドハンティング会社を通じて海外案件を紹介してもらう

2.現地の会社に直接応募/海外転職サイトを通じて応募

3.ソーシャルリクルーティングサイトなどで募集を探す

4.所属している会社の公募制度を使い海外の募集を探す

5.海外のヘッドハンティング会社にコンタクトを取り案件を紹介してもらう

6.Linkedinで目ぼしい案件に直接応募!


手持ちの玉が多いし、今回は多少なり経験があるから楽に行けるのでは?と思っていたが、世界はそんなに甘くない!!!


自分の基準がニッチすぎることもあってか、なかなかうまくいかない。手持ちの玉も下記のような散々な結果に終わった。


1.日本のヘッドハンティング会社を通じて海外案件を紹介してもらう

みんなの読んで良かった!

他1コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。