「海外で働きたい」と思っていた新卒が、就活のレールからはずれ、2年かけて”中東”での海外就職を実現するまでの道のり

1 / 8 ページ

イスラエル・パレスチナ留学を終え、2011年に日本へ帰国。以後、「海外(第一希望はイスラエル、第二希望は中東)に戻って、働きたい」という思いが捨てきれず、常に虎視眈々と海外進出を狙い、新卒で就職し3年目にして、海外就職を実現するまでの道のりを描く。



海外にすぐ戻って働くことは可能?

海外で働きたい!留学から帰って就職活動をするまで常にそんな思いが常にあった。しかも面倒なことに”いつか"ではなく、”今すぐ”働きたいという思いがあった。


しかし!


海外就職というのは、留学と違いお金を払えばできる!というものではないし国のビザの関係もある。やりたいからすぐにできるものではない、今まで生きてきて初めての経験だ。今までは、やりたい、みたい、会いたいことがあれば、自分の行動力だけでなんとかできたのだが、海外就職に関してはそういかなかった。


また、調べていけば調べていくほど、海外就職をしている人たちは「まずは日本で2〜3年の修行を積んだ方がよい」とか「日本でのビジネス経験が重要」、しかも海外は新卒を育てるという文化がないようで、即戦力求むというような会社が大半だ。


2~3年も待ってられないよ!今やりたいんだ!という思いが強かったが、片脚を社会に入れ始めつつある状況においては、学生のようにやりたいこと=すぐ実行できるという公式が成立しないことに気づき始めていた。


あれ・・・・これもしかして新卒で海外就職は難しい?


「新卒 海外就職」などで検索し、めぼしそうな会社を見つけようとするものの、なかなか難しい。そんな現実に気づき始めたところで、新卒で海外に就職することは諦めた。ならば、少なくとも2~3年は日本で働いてそのあとは絶対海外じゃ!


そこで次に考え始めたのが、「海外就職するためには新卒でどのような仕事に就けばよいのか」ということだ。


就活レールをはずれるぜい

確かに、将来海外で働けそうな会社ならいくらでもある。「グローバル」を意識してか、会社や学生もがスローガンのように「グローバルで働く」とか「英語を生かして働きたい」というようなフレーズを唱えていたことは印象に残っている。


とはいえ、本当に海外に行けるとは限らないし、いつになるかもわからない、そんなこともあり、いわゆる、「就職活動」というものに全く熱が入らなかった。


もう1つの理由としては、好きなことをやって人生暮らす方が楽しんじゃね?というポリシーのものとどこのなんの所属になるのかわからないギャンブルよりも、この職で仕事ができる、といった確証が持てる会社にいきたかったのだ。


みんなが SPI対策やES対策などに励んでいる一方で、やっぱり海外で将来働きたい私がやっていたのは海外の学生はどのように就職活動を行っているのか、海外の就職事情などをひたすら調べることだった。そこでいくつかわかったのが、


・日本のような新卒一括採用制度はない

・新卒を育て得る文化はない

・学生はインターンなどに参加し、そこそこの実践力を身につけて就職している

・インターンは基本長期(日本のような短期制度のものは稀)

・基本定年まで勤めるという概念はない

・キャリアアップのため転職を行う


なるほど。海外の学生はこのようにしてキャリア形成、仕事をしているのだな、と思うと将来海外に行くのなら、この海外流に合わせた方がよいのでは?ということで至ったのが、


「転職を前提とした就職活動」(ドーン!!!)


である。聞こえはクレイジーだが、つまりは転職ができるレベルのスキルを身につけられるような仕事を探そう、ということである。


みんなの読んで良かった!