システム統合まであと5カ月

1 / 2 ページ

はじめに

ITには「デスマーチ」という言葉があります。
システム開発プロジェクトで過酷な状況が続くことを言います。
一般にネガティブな意味で使用されますが、私のチームが体験した、関係者全員が報われた話をしようと思います。

ある日の一本の電話

ある日のこと、私のもとにクライアントから一本の電話が入った。
クライアントのA社は某金融グループのIT戦略を担う企業である。
関係会社3社の統合により従業員数は4,000名を超える規模になる。
業務プロセスの統合を全社を挙げて進めており、そのうち全く手付かずの基幹業務プロセスの統合を手伝って欲しいとのことだった。
経営陣から示されたシステム統合の期日まであと5ヶ月。
一番難易度の高い業務プロセスが手付かずで残されていた。
示された条件は、他社参考見積額の半分のコスト。
引き受ける側からすれば非情なまでの低コスト。
常識的に不可能な納期であった。
尋ねると声をかけたITベンダーからは期待できる返事がなかったという。

リスクヘッジよりもリスクテイク

クライアントも四面楚歌に追い込まれていた。
仕事を請ける側も苦労することが最初から分かっている案件であった。
どう転んでも難しい方向にしか行かないだろう。それが明らかなだけお互い気詰まりであった。
引き受けるべきか気持ちが揺らぐが、そのうち「リスクテイクしないと前には進まない、やるだけやってみよう」という気持ちに変わっていた。
クライアントも同じ気持ちだった。
「結果はどうなるにせよ、とにかくあなたのところと組んでやってみよう」
と判断を示してくれたことで、取組みが始まった。

決意を凝縮したプロジェジェクト憲法

仕様2ヶ月、開発2ヶ月、テスト1ヶ月で全てをやり遂げるという異例のスケジュール。
もはや人海戦術が効く領域ではない。お互いに深い危機感を持っていたので、絶対にあと戻りしないやり方を求めて、プロジェクトにおける憲法のようなものをつくって文章化した。
(1)プロジェクトに携わるメンバー全員が危機感を持つこと
(2)「自分の範囲ではない」とか「他の件で手が一杯」といった考え方を各自一切捨てること
(3)お互いに合同ミーティングと社内ミーティングを兼ねないこと

みんなの読んで良かった!