家づくりがこころの充足に変わった瞬間

私の実家の隣には、築50年を過ぎた創業者である私のお爺さんの家があり、お正月とお盆には、その古屋に家族が集まります。その時、確認する様に目にしてしまう一本の柱があります。

その柱には、私や兄弟が描いただろうと思われる落書きや兄弟の背比べの跡が微かに残っています。その跡を見ると子供の頃の想い出が蘇り、不思議と優しい気持ちになります。

年々薄くなっていく落書を見ると、自分の想い出たちも消えてゆく様で、寂しさの様な感情が湧いてきます。

築50年を経て、機能・性能等のスペックはほぼゼロと言えるこの家ですが、時として私を励まし、勇気づけてくれる不思議な家です。家づくりの情報が機能・性能となっている昨今ですが、ひとの感情を揺さぶり、感性に響く大切なものを失ってしまった様にも感じます。家づくりにおいて、物質的な要因も大切ですが、それ以上に深く考えなければならないことがあることに気付いて欲しいと思います。

「家をつくるということ」人生最大の買物であると同時に、「家づくりは本当に解りにくい」そう感じている方も少なくないのではと思います。書店に並ぶ住宅雑誌や書籍を見ても膨大な情報の中で益々混乱します。

男性は、本能的に家族を守りたいと考える為、耐震性や断熱性のスペックに関心を持ち、女性は、本能的に家族との関わりや食を考える為、間取りやキッチンに関心を持つのではと思います。ある意味、雑誌や住宅メーカーの情報は男女のツボを得ていると思います。

家をつくろうと考え始めた理由やどんな家に暮らしたいかは当然のことながら、十人十色です。しかし、弊社のお客様に「どんな暮らしがしたいですか?」という質問をすると、多くの方がその質問に対し「穏やかに暮らしたい」・「家族の笑顔が絶えない暮らしがしたい」・「家族の団欒」という答えが圧倒的に多く、皆さん「こころの充足を得ることの出来る本当の幸せ」を求められています。それは、どうも雑誌の情報とは少々異なります。

長年日本の住宅産業に携わり思うことは、殆どの方が家づくりで一番大切なことに気付かずに家づくりを終えている様に感じています。

これから家づくりを始められる皆様にどうしてもお伝えしたい実話があります。

私が今まで経験した仕事の中で、A様の家づくりを通して極めて貴重な体験と学びを頂いた実話です。(掲載お客様了承済み)この実話により、急いでいた家づくりを冷静に考え直し、家づくりが成功に導かれる切っ掛けとなればと思います。

そして、この実話を読み終えた時、あなたが一番大切にしたいと思うことが家づくりによって実現のものとなれば幸いです。

弊社で建てられたA様がモデルハウスにご来場されたのは、息子さんが小学校入学までに家を建てたいという理由でした。当初ご主人からの質問の多くは、断熱性能、気密性能、耐震性能等であり、家の性能に強く関心があることが解りました。

その理由を伺うと、息子さんが自閉症であり、将来残される息子さんのことを考えると、少しでも快適に住める家を残してあげたいという理由でした。

そのお話しを伺って私は次の様な質問をしました。

浅井
高気密高断熱の家に暮らすことが本当に息子さんの幸せに繋がるのでしょうか?

家づくりにおいて、断熱性能・気密性能等は数値に表しやすく解りやすいと思います。それに対し外観デザインや間取りは数値には出来ません。しかし、ひとは懐かしさを感じるものを見れば優しく温かい気持ちになります。又、閉鎖的な間取りに対し、開放的な間取りにすれば、子供たちの微かな変化もさり気無く感じることもできます。しかし、残念ながらそれらの要素は数値では表すことができません。

家づくりを始められる方の多くは、どうしても、家づくり=機能・性能から考えられます。ある意味仕方が無いことだと思います。何故なら、家づくりの情報の多くは機能・性能が殆どだからです。

家づくりは、様々な要素で構成されています。家の大きさ・耐震性・耐急性・高気密高断熱性・快適な住宅設備・外観デザイン・使用する建材のグレード・etc・・・。そして、それらの要素は、必ず予算という枠組みの中で納めなければなりません。

例えば、限られた予算内で真冬の北海道でも半袖で生活できる様な超高気密高断熱の家にしようとすると、その部分に極めて高額な建築費が必要となります。その為にその他の部分(仕様等)を大幅に圧縮しなければならなくなります。通常、大幅に建築コストを削減するには、床面積を減らす・外観デザインをシンプルにする、次にキッチン、浴室等のグレードを下げること等が考えられます。勿論、ある一定水準以上の耐震性や断熱性能は必要ですが、一部分を極端にハイスペックにすることでひとは幸福感を感じられるでしょうか?

息子さんのことを考え、家を物質的な要因で考えた場合、将来少しでも高値で売却若しくは、高値で貸せる様な家にした方が、息子さんは嬉しいのではないでしょうか?息子さんが毎日笑って暮らせる家こそがA様の本当につくりたい家だと思いますが、如何でしょうか?

2度目にお会いした際、A様が息子さんのことを話してくれました。

A
今度小学校にあがる息子ですが、市の教育委員会からは、養護学校に通うことを勧られています。親としては、出来れば小学校の特別学級に通わせてやりたいと思っております。しかし、例え、小学校に入学出来ても障害を持つ息子が学校で虐められないだろうか?健常者の娘も障害を持つ弟がいるという理由で虐められるのではないかと心配しています。

数回お会いし、間もなくA様より設計依頼がありました。設計のヒアリングを終えた設計士は、打ち合わせの際、A様からの依頼を噛み締める様に話してくれました。A様からは次の様なことをお願いされたそうです。

A
多分、自閉症の弟を持つ娘はこれから先、引け目を感じたり、自信を無くしたりすることもあると思います。親としてそんな娘に対し、家だけでも自信を持てる様にしてやりたいと思います。出来れば、息子や娘の学校の子たちが大勢遊びに来てくれて、沢山のお友達が出来る様な格好いい家にして下さい。

この話を聞いたスタッフはじめ、現場監督や職人たちは設計士同様職人魂に火を燈されたと思います。コーディネーターも息子さんが少しでも家の中で穏やかに暮らせることが出来る様にと、精神科の病院で使用されるカラーを調査してくれました。引渡しの際、A様の奥様と共にコーディネーターも感極まり涙し、後にコーディネーターは、「これほどまでに感動した仕事は初めてでした」と話してくれました。

入居後、コーディネーターに一通のメールを届きました。そこには次の様なことが書かれていました

A
美穂(仮名)と翔(仮名)は、片道30分の通学路をがんばって歩いています。美穂は、「学校は、楽しくてスムーズ」と言ってました。

翔は、教室ではまだまだ大変ですが、まわりの子供たちが結構やさしくて、「あ、翔君だ」と声をかけてくれたり、翔のランドセルを持ってくれたり、翔も自分から、同じ通学団の優しいおにいちゃんの手をにぎろうと、手をのばして、その子も、それに応じて、手を握り返してくれたりと、いいこともいっぱいあります。

先日も、通学路の帰り道、同じ学年の子、4人で帰っていたときのこと、ほかの三人の子が、たんぽぽの綿ぼうしをとって、ふぅと、綿毛をとばしていたり、翔にふぅとさせてくれたりしていたら、翔がじぶんから、綿帽子を取って、ふぅと、したのでした。感動。こんなふうに時々、地元の小学校に入れて、よかったなあと思うことがあります。

翔は、自分のうちが見えると、急に走り出します!!自分の居場所と思っているみたいで、うれしいです。帰ってくると笑顔が多いです。学校でいろいろ我慢しているので、大感謝です!!

定期点検の際、奥様から伺ったお話ですが、美しく格好いい家になったことで、直ぐに沢山のお友達が遊びに来てくれる様になったそうです。

後日談として、A様宅にお邪魔した際、ご主人に「家づくりをしようと思った切っ掛けは何ですか?」と聞いてみると、A様は「息子のことで家族が暗くなり、何か大きなイベントをしないとこのままでは家族が駄目になってしまうんじゃないかと思いました」と話してくれました。近くでその話を聞いていた奥様は、「そうだったの?」と初めてご主人の想いを聞かれた様でした。奥様同様、私もご主人の家族に対する深い愛情を強く感じました。

小学生時代からの私の友人の息子さんも自閉症です。友人は昔から楽天的な性格で大変そうな素振りは殆ど見せませんが、時折聞く体験談により、大変さは想像を遥かに超えることが解ります。その話を聞いていた為、翔君が通学団のお兄ちゃんに手を引かれながら学校へ向かう後ろ姿がA様ご夫婦にとってどんなにうれしかったかが想像できます。おそらく、ご夫婦で涙されたかと思います。

米国・カナダの人々は「家とは最高の人生を送る為のかけがえのないもの」と考えているそうです。家の耐震性・断熱性はどんな家であろうと一定水準を満たし、安全で快適に暮らせることは当たり前のことであり、突出した性能よりも、もっと大切なことを感じられる為に家を持つことを真剣に考えています。

A様の家づくりをするまでは、「人は人との繋がりや絆でしかこころの充足感は得られない」と強く思っておりました。よって、我々が心の充足をお客様に提供することは不可能だと。しかし、A様の家づくり通じて、物づくりがこころの豊かさに変わった貴重な瞬間を経験させて頂きました。それは家づくりの真髄を感じた瞬間でもありました。そして、この貴重な経験を元に安城建築の新しいミッション(役割)が生まれました。

「この家に暮らし始めて、一番大切なことに気付いた」

安城建築の取り組み全ては上記の部分に繋がっています。それが我々安城建築の社会的役割であり、我々の悦びへと繋がっています。

「静かな場所で、少し目を閉じて想像してみて下さい。新しい暮らしの中であなたやあなたの家族がこころの充足感を感じている姿を・・・・それは何によって充足感を感じていますか?」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。