「毎月100万円の当たりクジ」大学入試センター試験を8回受験して分かった、「当たり」が入って無い福引きを見抜いて、当たりを根こそぎ引く方法

1 / 14 ページ


私はかつて、大学入試センター試験を8回受験しました。

高校時代から20代の中盤すぎるまでの多感な時期を、

低収入のひきこもりとして過ごしたわけです。


いまになって、割と自由に過ごしたい街や一日の予定を

選べる生活に慣れてみるとわかるのだけれど、

「大学受験」や「学歴社会」にはそもそも私の満足する

「当たりクジ」が最初から入っていなかったということです。



もともと数学や物理など、何かの原理を理解すること自体は好きで

なまじ模擬試験ではA判定が出たりしてしまったので、

未練とプライドをこじらせた結果、社会に出て働くという

「仕事童貞」を卒業するのに私は約10年間かかってしまいました。


もしかしたらそのまま行けば、アラフォー独身フリーターに

なっていたかもしれません。

そもそも「当たりクジ」の入っていない福引きを、

あと100回、1000回引いたとしても、結局無駄だったんです。


私は運良く26歳のときに、自分が心底満足できる

「当たり」が入っていそうな別の箱からクジを引き始めるきっかけがあって

お金と生きがいの得られる仕事と、過ごす場所とタイミングを決める自由を

引き当てることができました。


けれど、もしかしたら多くの人が、一度引き始めた「福引き」の中に

本当は自分の満足する「当たり」が入っていないかもしれないのに

必死に努力したり、不安と戦ったり、誰かとつるんで気を紛らわしたり、

「こういうもんだ」と自分に言い聞かせているのかもしれない。


この3ヶ月間の旅で、そういった人と何人も出会ったので、

今日は久しぶりの緊急のストーリーを書くことにしました。


このストーリーを知らないと、

あなたの努力が裏目に出て大損する可能性があるので、

気になる場合は、流し読みでも結構です。


ただ、レポートの中には、

毎月100万円がもらえる「当たりクジ」をタダで引く情報も

隠しているので、そちらが気になる場合は注意深く読んでください。


みんなの読んで良かった!