【シリーズ通算6万PV記念】★11★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【小学生のハリウッド映画のオーディション@ロンドン】

2 / 2 ページ

前話: ★10★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【リンゴと歯の妖精、そしてテムズ川】
次話: ★12★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【イギリスの春風の中、機関車トーマスに乗る】

ドラマや映画にあるように、長机があって、そこに審査員がずらっと並んでいます。

エキストラの審査なのに、6人ほどが審査員のようです。


オーディションらしくみえたものは唯一、英語での自己紹介だけ。

あとは鬼ごっこや歌、ダンスなどでしたが、

審査員にアピールすることはなく、自然に遊ぶ様子を見ているようです。


ただ一つ違うところは、カメラマンが数人いて、傍でずっと子供たちを追って撮影していたことでした。


時間にして2時間ぐらいだったでしょうか。

休憩中のお茶の飲み方まで撮られていました。


結果は後日連絡しますね、と言われ、オーディションはあっさり終了。

エキストラだからこんなものなのね~と思いつつ、帰路につきました。


駐在員の奥様方からは

「バーミンガムまで帰るんですか?」と

憐れんだ目で見られたことがちょっと悲しかったですけどね。


娘は久しぶりの日本人と一緒に遊べて楽しかったようですが、

すでにイギリス滞在4か月を過ぎたころでしたので、

見知らぬ日本人と遊ぶより、イギリスの友人と遊ぶ方が楽な時期になってきたようです。



オーデイションのことは忘れてまたいつも通り、イギリスのド田舎で、保育園・小学校・大学の生活をそれぞれ精一杯楽しんで暮らしていたころ、オーデイションの担当者から一通のメールが来ました。


担当者
『お嬢さんが、今のところ、最終候補に
残っています』
お嬢さんがこの映画に参加してくれることを、プロデューサーもディレクターも強く望んでいます。
撮影のスケジュールに参加できれば嬉しいのですが。


ふむふむ。


まずはハンガリーのブタペストでロケがあります。
その後、ハリーポッターシリーズも撮影された、ロンドンのシェパートンスタジオでさらにロケが続きます。
(゜_゜) イギリスから出るんかい。
ホテルの手配・飛行機などの移動手段などはすべてこちらに任せてください。撮影に専念できるよう、すべてこちらで行います。
エキストラなのに・・・?
いま通っている学校にも通えなくなるので、撮影期間中は専任の家庭教師がつきます。
(゚(゚(゚(゚Д゚)!?
娘さんには役名がつきます。
エキストラではございません。
ナニーーーー!!
お嬢さんには撮影に専念していただきたいので、2歳の息子さんは一緒に行動できません。
つきましてはどなたかに預けての撮影をお願いします。
息子よぉぉぉぉぉ 涙。


タイトルどおり、わたしはシングルマザーでイギリスで子育てしています。

家族はみな日本にいて、頼る人はだれもいません。


そのことを担当者に相談すると、

『大変恐縮ですが、日本からお母様にいらしていただけたら嬉しいのですが』


とイギリス人らしい馬鹿丁寧な、でもどうにも無理強いしてる返答。

日本の場所、分かっているのかな。

ヨーロッパで、基本的に日本の場所、正確にしっている人はなかなかいませんよ。


そのノリのまま、日本にいる母に伝えたところ、

『あー、おかーさん、行くわー』

とあっさりしたものです。


母は父の両親の面倒も見ていたのですが、それは父ができるよ、とのことで、

なんと3か月もイギリスに滞在する飛行機の切符を買ってくれました。


小学校に伝えると校長先生はじめ、みな大騒ぎ!!


この学校から、この町からハリウッドスターが出るなんて!!

と話が飛躍しすぎです。祭りのようでしたね。


当の本人は、映画出演の話はあまり理解はできていませんでしたが、

学校を休むこと、先生や友達に会えなくなることがいやでいやで仕方がなく、不機嫌でした。




さて、このハリウッド出演の話は残念ながら、3月の頭に消えてしまいます。


映画を3Dにするからお金がかかるので、話をもっと短くしなくちゃいけなくなったとのこと。

娘の役をなくして、それより上のティーンズの女の子を配役しないといけなくなってしまいました。


女主人公の幼少期を演じることになっていたみたいですね。


もともと、娘をTVやモデルに!なんて考えたことがなかったので、がっかりはしませんでしたし、

娘の学校・友人を大事にする部分が垣間見ることができて、イギリスでの成長を肌で感じるいい機会ともなりました。


私も、担当者と話をメールでやり取りしたので、ビジネスで使用する英語にも強くなりました。

またもや大学の外で英語に強くなっていきます 笑


日本にいる母には、娘の役がなくなったことを伝えると、

残念だけど飛行機のチケットはキャンセルするわね、と言ってくれ、一安心。


これで、また普通のイギリスの田舎暮らしに戻ったわけです。



最後に。

お待たせしました。

うちの娘がなんの映画に出演予定だったかといいますと。


ででーん。


わお。

キアヌリーブスの 47RONIN.


かなりな駄作と言われるあの映画です!!


上映された時にはこっそり一人で観にいきましたが、

感想としては

「出演しなくてよかった・・・」ですかね 笑


日本人が知っている四十七士の話ではまーったくありませんね 笑


映画に詳しくないので、批評はできないし、しませんけど!



とはいえ、海外に住んでいると、日本では考えられないチャンスが目の前にごろごろ落ちてきて、

おもしろい経験ができることを肌で知ったわけです。


母子家庭で頑張る私たちに、運命の神さまが

ちょっとだけ 楽しいいたずらをプレゼントしてくれたのかもしれません。



そうそう。

チケットをキャンセルするといった母ですが。


電話を切った2,3日後に、あの東日本大震災が起こりました。


わたしの実家は、被災地にあります。

津波で流されることはありませんでしたが、ライフラインがすべて途絶え、

電気・ガス・水道とすべて復旧するまで1か月近くかかりました。


母が航空券をキャンセルしようと思っていたお店もしばらくの間、クローズ。


他の店舗に電話する方法もあったと思うのですが、

毎日を生きるのに精いっぱいだった母親は、

気が付けば、出発の日が目前となっていることに気が付き、


とうとう、


「おかあさん、イギリスに来ちゃった・・・。まずはお風呂に入れて」


と、震災後のはじめてのお風呂をイギリスで入ることとなるのです。


海外・イギリスから見た震災のはなしもできますし、

わたしとロンドンの主婦3人で立ち上げた、使い捨て哺乳瓶を被災地に送るプロジェクトの話もあるのですが、

これはまたいつの日か。



次の話は、世代を超えてみんな大好き!「機関車トーマスが走る国 イギリス」です。



でもね。なかなか会えないんです。


なぜでしょう??



ここまでわたしの遅い筆にお付き合いくださり本当に感謝です!!

立春といういいスタートに、このお話をお届けできたことを嬉しく思います。


遅いよ、前の話忘れちゃったよなどなど、叱咤激励もしくは感想いただけると励みになります<(_ _)>


storys編集部さんのツイッターでツイートされているのを発見。

Twitter使わないのでよく分からないのですが、ツイッターユーザーの方、チェックしてみてくださいね。

https://mobile.twitter.com/popular_story

とにかくとにかく、お待たせしました!!



続きのストーリーはこちら!

★12★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【イギリスの春風の中、機関車トーマスに乗る】

著者の千葉 みおさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。