失敗を認め、現実を受け止める「勇気」

1 / 3 ページ

人生で、

自分の「甘さ」と

自分の「強さ」を知ったのは、

高校生の時でした。



子供の頃から

生まれつきの足の悪く

運動が出来ないで過ごした自分は、

知らないうちに

「しなくても良い」

甘い考えの自分が出来上がっていたように想います。



自分の対する甘えでした。



ただし、

それ以上に

出来ない自分を認める事は

人と違う自分を知る事となり

他の人に対する劣等感と向き合う事となりました。



自分が比べなくても

世の中から比べられてしまうのが

世の中の仕組み



「成績」「経歴」でした。



成績表に記された

赤丸は、

自分自身に世の中の冷たい評価として

色々な分岐点で

自分の弱点となりました。



しかし、

現実に、それら全てを受け止める時期がやってきたのです。



みんなの読んで良かった!