0からの出発・第四十七話『新宿近辺の劇場料金高すぎ〜!気軽にライブできる空間STUDIO J28!』★ちょっとした勇気で世界制覇したダンサー俳優「神ひろし」

1 / 4 ページ

もっと、スタンス軽やかにライブやりたい!
と思っても

・・・・新宿近辺の劇場使用料金は高すぎます!

STUDIO J28 代表の神ひろし、スモッグマシーンのテスト中

 高いだけではなく、半年前からの予約が必要だったり、駅からが遠かったり、

劇場使用料が安いと思ったら、照明や音響等の付帯設備料が高かったり、ダンスや演劇、歌のコンサート等、気軽にライブ出来る空間は新宿ではあまりありません。


で、僕の場合は俳優であると同時にダンサーなので、

小さい空間でも良いけど、ある程度踊れるスペースも必要でした。


で、僕がよく利用していたのは、新宿のシアターモリエール、シアターサンモール、シアターアプル(2008年閉館)です。


僕のやっていたジャンルはオリジナル・ミュージカルで、小劇場運動の流れの中にはいなかったものの、劇場料金の高さにはいつも悩まされていました。

神ひろし代表作『ミュージカル転生』戯曲Amazonで発売中。¥99。 http://www.amazon.co.jp/dp/B00JD9N32Q/ 

上演希望は気軽に神ひろしまでお問い合わせ下さい。dancerhiro@gmail.com

満員になっても、トントンになれば良い方で、たいていは赤字です。

文化庁の助成金も何度か申請しては、おりましたが、提出書類が多く、手続きが煩雑で、とても時間もかかりました。

結局、これもあまりいい方法ではないなあ〜と行き着いたのです。


で、いつしか、実力を試したいと、海外に目が向くようになり、カンパニーEASTを結成して16年の海外公演の実績を残しました。

『ニューヨークタイムズ』(米国)・『ガーディアン』(英国)・『スコッツマン』(スコットランド)等、世界最大の新聞メディアに、神ひろしの「王女メディア」は大きく取り上げられたのです。

また、僕自身も、「キプロスの世界文化遺産クリオン遺跡円形劇場の、日本人初の登板」と言う輝かしい実績も残しました。

カンパニーEAST http://j28studio.wix.com/east


・ ・・で、そろそろ、日本で活動を再開しようと決心したは良いが、

唖然とした事に、日本のダンス演劇界を取り巻く状況は全く変わっていなかったのです。


海外でどれだけ実績を残しても、日本に帰ってくると、その実績を生かせる舞台もスポンサーもつきません。

「すごいなあ〜!」と一言で終わってしまいます。


現場にいる人なら、誰でも体感していると思いますが、日本はアーティストに対する支援は殆どなく、「好きな事はご自分でやって下さい。」と言う姿勢で、アートを育てようとする感覚はあまりないようです。

で、有能なアーティストは海外に出てしまいます。


が、帰国すると元のもくあみ、結局、日本のダンサーやパフォーマーがやれる事は、

よくて、半年に1回の発表会かイベントです。

でなければ、観客が広がる当てのない無料イベントの参加か、ストリートでの自己満ぐらいです。


やっている人はまだ良い方で、半ばあきらめた形で、

ダンサーなら有名講師のレッスンを受けに行くとか、

役者なら、居酒屋で演劇論を戦わすか

〜でお茶を濁している状況で、

みんなの読んで良かった!