マライアキャリーに思いっきり右手を踏まれた話

恋人達のクリスマスなどで知られる世界的歌姫の一人であるマライアキャリー。
彼女のサクセスストーリーは今でも憶えている。
歌手として中々デビューすることが出来ず、ギャラの安いレストランでウェイトレスとして働きながらボイトレを続け、
デビューのチャンスを待っていた。。
それから時は経ち約十数年後、日本武道館でのコンサートにて、彼女は俺の右手をハイヒールで思いきり踏んだのだ。。。

著者の蒼山 隆之さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。