30代のメンズファッションでおさえておくこと

1 / 3 ページ

【年相応より大切なもの】


おいでませ。Today’s new days.

世界で一番ワクワクしてもらえる仕事をしているマイスタイルコーディネーターひゆきです(^▽^)



あるファッションのキーワードで検索して、


僕のブログに来て頂いている人が多いので、

今日はそのキーワードに関係してお伝え致します。



年齢に関係あることですね。



実は僕は32歳を迎えて1カ月ちょっと経ちましたが、



年齢通りに見られることは相変わらず無い!




今までも年齢を当てられたことは無いのですが、


ファッションのおかげかなと思います。


それも若作りしてというわけではありません。


重要なのは、






年相応






に見られても良い場合と悪い場合があります。


そこを踏まえて年相応のファッションのことをお伝えいたしますね☆






【年相応ファッションのメリット・デメリット】






【メリット】



周りから浮かない


 個性が無くなる可能性もありますが、周りから浮きません。




なめられない・経験値の低さを意識されない


 そもそも年齢を露骨に意識する人は問題外ですが、


 30代として20代から外見でなめられることや、


 仕事上若いから任せられないということはありません。








【デメリット】



個性が無くなる


 周りから浮かないので、個性や魅力は消える。




似合わない服を着る可能性が上がる


 年齢という枠にとらわれてしまうので、


 普段より、老けて見られたり、


 50代なのに、穴が空いた似合わないジーンズを着るなど、


 チャラく見られたりする場合もあります。




幅が狭まる


 30代だから30代のファッションというと、


 視野も狭まりますし、選べる服も減ります。


 選択肢が減るので、その分、似合わない服を選んでしまう、


 可能性も高まります。




体型を隠せるようで隠せない


 その年代に合うような服装をすれば、


 出たお腹が隠せそう、、、ですが、隠せません。


 むしろ、強調する場合も。




著者の石井 雄さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。