婚約破棄を経験しボロボロだった女子大生が幸せな結婚をし、夢までみつけて叶えた話

1 / 2 ページ

お客様
心の中のモヤモヤが一瞬でスっとなくなりました!ありがとう!
お客様
女性としての楽しみ方を改めて教えてもらえた!ありがとう!

わたしは、お客様からこのようなお言葉を頂く度に泣きたくなる位幸せな気持ちになります。

こんな素敵な状況が自分に訪れるなんて、6年前のわたしは知りませんでした。


====================



大学生3年生の冬、周囲は就職活動モードに突入していました。


リーマンショックの影響が続いており、就活生にとってはかなり厳しい状況でした。


そんな中、わたしは

わたし
婚約しました♥

浮かれて幸せいっぱい

わたしは、当時お付き合いをしていた年上の外国人の彼がいました。

彼と、わたしが大学を卒業したら結婚する約束をしていました。


彼の母国に移住することになっていたため、わたしは就職活動をしていませんでした。

みんなが就活に苦しみ、頑張っている中わたしは呑気に暮らしていました。




そして婚約して半年が過ぎた、大学4年生の夏。


別れは突然訪れました。


わたしの頭は大混乱!!!!


何が起こったのかよくわからない。


なんで…?なんで…??


突然道が完全に閉ざされた。

この先どうしていいかわからない。というか何も考えられない。


周りの人たちに浮かれて結婚宣言もした。

恥ずかしい。

みんなと顔を合わせたくない。


わたし
もう生きていたくない

死んでしまう勇気なんて全然ありませんでしたが…

でもそう思いました。


そんな中、

立ち止まらないで!!余計落ち込むだけだから!


とにかく今は考えないで体動かして!行動して!


という母のもと、わたしは就職活動をすることに。

(『スパルタ!ちょっと放っておいて!!』と思いましたが。笑)


就職活動をするには遅すぎるスタート。

みんなから出遅れること約8ヵ月・・・


とりあえず、はじめにエントリーシートに使用する証明写真を撮影しに行きました。

カメラマン
この時期に撮影するんだねー!
今まで写真どうしてたの?
メイクさん
今までどんな会社受けてたの?


と聞かれたり…もう泣きたい気持ちでいっぱいでした。



それまで、全くノータッチだった就職活動。

わたし
エントリーって何するの?
わたし
エントリーシートってどうやって書くの?


とりあえず写真は撮ったけど、就活って何をするのかよくわからない。


しかも就職氷河期…


友人たちの中には、大手企業に内定し残りの学生生活をエンジョイする姿も。

旅行の計画なんか立てちゃっていたりして。


わたし
楽しそう・・・

一方で、わたしは卒業後の進路が決まっていない。

頭はまだ混乱したまま。現実を受け入れられない。


吐きそう・・・

わたし史上、最大に追い込まれた状況でした。


焦りもあり、早く何とかして就職先を見つけたい気持ちだったのですが

その時は夏休みの時期で、多くの企業は採用活動をストップしていました。


秋採用に備える状態でしたが、

秋採用を行わない企業や

また秋に募集するかどうか未定の企業も多く、とても不安でした。


そんな精神状態ボロボロだったわたしでしたが、

心の奥でどこか希望を捨てたくないと思っていました。


そんなわたしが

眠れない夜が続いていた中、毎晩必死にしていたことがありました。


それは、幸せな自分をイメージすること。


*正社員として楽しく働く自分*


*いつか(あんな彼よりもっともっともっと!!!)素敵な人から

花束なんか貰っちゃったりしてすごく素敵なプロポーズを受ける自分*


そして、ぶつぶつ唱えていたりも・・・

わたし
わたしは大丈夫!!


わたし
むしろ私は最高☆

(「こんな追い込まれた状況なのに、何が?」とツッコミたくなりますが。笑)


毎日押しつぶされそうな不安の中、

ベッドの中で必死にイメージし、唱え続けていました。



このような事をしていたのは、高校生のときに出会った本がきっかけです。

わたしは高校生の時から「セルフイメージ」について興味がありました。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。