(4位)音速は秒速340メートルですよ。

1 / 2 ページ

音速は秒速340メートルですよ。


  私は長女が生まれた時に、

「この子の父親として恥ずかしくない生き方をしなければ」

  と思った。


  雷が鳴ると、光ってからしばらくして音が聞こえる。音の速さが光の速さより遅いという事実のためだ。中学校で習ったと思う。本当は、音の速さの方が速い方が助かる。音が聞こえたら身を伏せて、落雷のリスクを少しでも減らせるからだ。

  しかし、自然の法則にさからってもムダなことだ。科学技術のめざましい進歩は、数々の物理法則を調べてそれに「従う」ことから始まる。自分に都合の良いように利用するには、従うことから始めるしかない。

  これは、受験にも言えることだ。数が少ないので、出会う機会はあまりないかもしれないが東大や京大に合格する子が人格のすぐれた聖人君子であると期待すると現実と違うことを思い知るはずだ。

  私は四日市高校で、全国で5本の指に入るような秀才が隣の席だった。特に親しいわけではなかったが、1年間の言動は見ていた。その後も、名古屋大学からアメリカへ渡り教育畑を歩いてきて秀才と呼ばれる人と話す機会にめぐまれた。


四日市高校


  そして、現在多くの「秀才」の指導をさせてもらっている。全員ではないが、「変わっている」と言われる子が多い。少数派だから、当たり前のことだ。

  最近は、塾講師をしている関係で私程度でも

「先生は賢い」

  と言われる。公立中学校で学ぶ平均的な生徒から見ると、そう見えるのだろう。仕事柄、

「どうしたら、英検1級に合格したり京大で合格点がとれるの?」

  と尋ねられることが多い。私は正直に、自分が何をしたのか話してあげる。仕事の一部だ。そして、そういう行動をとるための生活態度も教えてあげる。受験とは、生き方そのものだからだ。

  英語だけに限って言うと、

「難関校に合格するには6000語の単語が必要」

  と言うと、

「それって、毎日7個ぐらいを覚え続けること?」

  と嫌な顔をされることがある。長文問題について尋ねられるから

「長文問題対策には、毎日長文問題を1題はやること」

  このように、多くの合格者がやっている事実を教えてやると

「それでは、1日中勉強ばかりになってしまう!」

  と言われる。

「両立できないなら遊び、デート、生徒会、クラブなどは諦める」

  と告げると、大抵は反発される。

「そんな非人間的な生活するくらいなら、高額でも私立にする!」

  と言う子もでてくる。


名屋大学

http://www.nagoya-u.ac.jp/

  つまり、それは

「音が秒速340メートルで進むのは許せない」

  と言うのに等しい。事実が気に入らないから、自然界の法則を自分に合わせるように要求しているようなもの。もちろん、通るわけがない。先人は「苦い薬は良く効く」と言った。

  嫌でも、まず「従う」ことから始めないと何も始まらない。中には、事実を語る私を個人攻撃してくる人までいる。大袈裟に言うと、ガリレオが地動説を語ったら、教会から訴えられたようなものだ。


みんなの読んで良かった!