DV男に殺されそうになった事、離婚、裁判、再婚。

文章書くのが、そんなに得意ではないのでご了承ください。誤字、脱字などがあるかもしれません。

まずは、私の高校時代の話から。
高校は近くの自転車で行ける距離がいいと、近くの高校を受験する。
なんとか、勉強を頑張り合格することが出来た。

入学式当日、1人ずつ名前を呼ばれる。
坂井一樹……「はいっ!」
なんと、中学時代に塾が一緒だった片想いの相手一樹君が同じ高校だったのだ。
私はすぐにアプローチをする。
坂井君は私とは違う科なので同じクラスになる事はない。
なので、入学式当日に仲良くなった子と一緒に一樹君のクラスに行き、一樹君のメアドをゲットすべく行動に出た!
みゆ「一樹くーーん!」
一樹「おお!同じ高校だったんか!」
みゆ「うんうん!ねぇねぇ、メアド教えてくれないかな?」
一樹「おお!いいよー!これ〇〇〇〇@〇〇……」
みゆ「(*´▽`人)アリガトウ♡あとで連絡するね!」
こんな感じで高校生活一日目から楽しいスタートを切った。

著者のKoyanagi Mihoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。