「英語を話せるかどうかは、話し相手次第」という事実

1 / 2 ページ

後編: フィリピン人の彼女と会って5日で婚約して結婚しなかった話 - (1)ことの始まりはネット

まず初めに書いておきます。

「英会話=ビジネス英語」を目指す方、

英会話スクールに行きましょう。

この話は、それ以外の人たちを対象とします。

そして、これは自分の経験に基づく実話です。

これを読んだからと言って、

英語が話せるようにはなりません。

なにせ、話し相手次第ですから...


英語との出会いは、中学の英語の授業。

今でこそ、幼稚園から英単語を習うような

時代になったけど、自分が学生のときは

定年間際のオジイサン先生が

デス イズ ア ペン。
アイ ワント ツー ビア ドリンキング!

ぐらいなもんで、ネイティブとはかけ離れた

英語を適当に教えられただけ...

複数形???三人称???

はい、その時点で英語はできなくても

生きていけると見切りをつけました(^_^;


しかし、とあるきっかけで英語を話さなければ

ならない状況に追い込まれ・・・


でね、実際にそんな状況で思ったわけ。

今までの英語は、ずっと勉強のための

英語だったってこと。

単語を覚えて、文法を覚えて、テストを受けて

点数をつけられて・・・


でも、英語を話す相手が自分の英語に点数つける?

つけないよね?

外人さんに道を聞かれて、相手の日本語に点数つける?

つけないでしょ?

ちょっとぐらい間違ってたって、言わんとしてること

理解しようとするはずよね。

そうなのよ!それに気が付いちゃったの...

(なんかオネエっぽくなったわ)


英語全然できないから、どこが間違ってるかも

正直よくわかんないの。

だけど、わからないから、

適当に話せるってこともあんの。


みんなの読んで良かった!