私の宝石物語〜ステラ・エスペランサ 最終章〜

1 / 2 ページ

前話: 私の宝石物語〜ステラ・エスペランサVol.3〜

予想外の幸せな展開に


本当にいいのかな

私よりも(波長が)合う人がいるんじゃないかな

私にはどれだけのエネルギーが必要なんだろう

まだ早いんじゃないかな・・・。



私の中で一瞬にして渦巻く感情



実はこれ、とっても珍しいことで。



いつだって宝石を迎え入れる時は

即断即決だった。



なにせ、体感しちゃうんだもの。

理屈じゃない。


そして何より、

私は宝石が大好きだから。



宝石を迎え入れる度にアップグレードしていく自分を

この数年間体験しているからこそ、


私は自分が縁ある人、大切に思っている人、

この人には絶対必要だな、と感じる人には

ギンザベルエトワールの宝石のことをお伝えしてきた。



そして私が

人生において大切で素晴らしいツールだと思っている、

しつもん宝石の持つ効果効能は


自分の中に眠っているリソースを引き出し、
輝かせるという点において共通しているから。



2013年4月からコラボ講座を展開していて

縁ある人はそちらにもお誘いもしてきた。


実際、

しつもんで自分のココロの内側を知り、

今の自分がどんな状態で、何を求めていて、どうなりたいのか、

が明確になったところで


それをサポートするようなエネルギーを持つ宝石をフィッティングすると

ココロが解放されている分だけ、より体感がしやすくなる。



しつもんがフックにより

自分を知ったことでパッカーンとひらき、キラキラ輝き出す瞬間と

宝石のエネルギーとシンクロし、その感動を味わっている瞬間と。


そのシーンに立ち会える時、

私自身も感動を覚えるし、幸せを感じる



そしてその感動をもとに宝石を迎え入れた方々の、

その後の変化率や引き寄せる現実の嬉しい報告を聴く度に

まさにプライスレスなものを提供できているのだという実感と嬉しさは・・・



言葉では言いつくせない!



そんな瞬間に何度も何度も

そう、何十回も立ち会ってきた。



そんな私でも

予想もしていなかった素敵な展開。

にわかには信じがたかった。


だからこその躊躇。




そこでもまた気付きがおこる。


『あぁ、私は受け取り下手だったんだ』と。



心当たりはたくさんある。


父や母からの愛情も

恋愛において、彼からの愛情も

友人からの手助けも

そしてきっと、

いつも目の前に流れているであろうチャンスも。



うん、ありがとう~。

心配しなくても大丈夫よ~。私は大丈夫!


うん、知ってる!

あなたの愛はちゃんと受け取っているし、私も大好きよ~。



って、受けとっているつもりだった。


でも。


何度、大丈夫って言っても心配はされるし

何度、大好きだよって言っても繰り返される愛情表現と確認は

私がちゃんと受け取れていなかったからこそのものだったんだ。



実は受け取るフリして

受け取り拒否していただなんて!



なんと勿体無いことを!!笑



もーーーーーーー!!!!!


著者のAsaka Misuzuさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。