目の前で、自転車で転倒する子供を見たおかげで、怖がらず行動できるようになった話

1 / 4 ページ

「10年後はどうなっていたいですか?」

その質問は、あの頃の僕が一番嫌いだった質問。


張り切って起業したのに、給料は0って日々が続いて・・・

やっと仕事がとれだしたのに、お客さんの関係は悪かった頃。


その日その日を、その月その月を、なんとか生き延びるのに必死でした。


それなのに、世の中は

「10年後、20年後にどうなっていたいですか?」

って質問が流行ってるように感じてました。


僕自身も、やたらとその質問を聞かれました。

そのたび、こうこう答えてました。


10年後、20年後なんて見ててもしょうがない。今が大事だから、今をしっかり歩いていきます。

10年後、20年後なんて考える暇なんてありませんでした。

今だけで、手一杯だったから。


だから、その質問にイライラしてました。

正直「ほっとけよ」って思ってました。





そんな日々が続いてた頃、気分転換に週末にランニングをしていました。

だけど、頭の中は仕事のことでいっぱいでした。


今月の入金は○○円で・・・
それで家賃で○○円出ていって・・・

そんなことを考えながら、ランニングしている僕の横を

ものすごい勢いで、ビュンと通り過ぎるものがありました。


それは、自転車に乗った小学生でした。


うわ。危ないなー。

ってくらいにしか思ってませんでした。



すると、その直後。10メートルほど先で


みんなの読んで良かった!