【短め】安さをウリにしたら集客はできた。だけど、しんどくなった理由。

もうホームページ制作の事業をはじめて、7年以上が経ちました。

今まで制作してきたものは、何百にもなります。


最初の頃は、「更新のしやすさ」を売りにしてました。

で、たくさーん伝えたけど売れなくて・・・。



で、「日本一安いホームページ」を「ウリ」にしはじめました。

もう本当必死。


必死で、

安いよ安いよ。買わないと損だよー!


って伝えてました。


そしたら、「安さを求めてる人」がお客さんになってくれました。


こんなに安いなんてすごいですよね。

って言われた時は気持ちよかった。


他のところ、高すぎますよねー。すごく良心的ですねー。

って言われたら、正義の味方になった気がしました。


でも、そのうち

もっと安くしてよ。
融通効かせてくれるんでしょ?

って言われて、ストレスになってきました。


そして、安くしてるせいで

「こんなに働いてるのに、これだけしか利益でない・・・。」

って状況になっていきました。


で、お客さんのせいにする。で、スタッフの仕事が遅いせいにする。


自分で決めて、自分で伝えた結果なのに・・・。


「安さ」を伝えたら、「安さ」を第一の目的にする人がお客さんになる。

「こんなに儲かるよ」って伝えたら、「お金」を第一の目的にする人がお客さんになる。

「一瞬でうまくいくよ」って伝えたら、「一瞬でうまくいかせたい」人達がお客さんになる。

当たり前の話。


でも、違う。


ビジネスをしている人のほとんどは・・・

安さだけを与えたいんじゃない。

お金だけを与えたいんじゃない。

一瞬でうまくいくことだけを与えたいんじゃない。




「幸せ」を与えたい人がほとんど。お客さんの笑顔を見たい人達がほとんど。


そのために・・・

他にも、もっともっと提供したいものがあるはず。


心地良さだったり・・・

考え方だったり・・・

生き方だったり・・・

もっともっと伝えられることがあります。


うちのサービスは一目見たら「高い」と思われるものが多い。


実際に、値段だけ見た人は「高い」って言う人もいます。


だけど、実際に購入してくれる人

実際に購入してくれた人からはこう言われることが多い。


この結果で、こんなに安いなんてすごいですよね。


それはちゃんと価値を知ってくれてるから。

それはちゃんと未来が見えているから。


じっくり伝えよう。伝わるように伝えよう。色んな良いところを伝えよう。


その積み重ねの先で

「伝える」が「伝わる」に変わっていくから。



著者の春明 力さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。