ずっと気になっていたニューヨークへ。思いつくまま、ノープランで行ってみた。

3 / 10 ページ

部屋に通されて入ってみると、


なんと、そこには、


でかい1ベッドが部屋の真ん中に一つ。


う〜ん。


たしかに野村さんとは、15年来のつきあいだし。


同じホテル、部屋に何回も泊まってるし。


プールにだって一緒にいったことがあるし。


このダブルベッドに一緒に寝ろっていわれれば、


寝れなくもないんだろうけど。


ちょっと待ってくださいな。


このNYの3日間を、


この愛すべき、ゲイの友人と限りなく近い距離で、


心身ともに過ごす?


いやいや、そこはもういい大人なんで、豊かさを受け取りましょう。


受付のお兄さんに、部屋を2ベッドルームにしてもらうことは可能か?


っと聞いた。


すると、「もちろん。プラス一泊100ドルで。」というこたえ。


な、る、ほ、どー。


くらくらするような、NYの日差しの中。


時差ぼけ状態のまま、どうするか、相談しましょう。


と、無職の私たち二人。


近くのカフェへ。


はじめて入る、NYのカフェ。


野村さんはといえば、


急に段ボールの外に出された猫のような顔になっていて、


こそこそと、隅っこの席につこうとしている。


もうちょっとがんばって、こっちのガラスばりで、


人の歩きが見える席に行こうっと、私たちは窓際の席についた。


矢継ぎ早にNYのエネルギーを浴びまくってふらふら状態だった私たちは、


無言のままガラス越しに歩く人々をながめていた。


外を歩く人々はみな、まったく法則性のないいでたちで、


おのおの好きに歩いていた。


ときどき目が合えば、にこりと笑う。


あ、そうそうこの感じ。


目が合えばにこっと微笑みあえるこの感じ。


やっぱり好きかも!


ちょっとずつNYの事情を飲み込んできた私たちは、


落ち着きを取り戻し、さて、ベッドルームをどうするかについて話し合った。


そうだよ。せっかくのNY。


お互いに仕事をやめて、


収入の不安定な時期ではあったけど、


だからこそ!


いい部屋を選択しようじゃないか!


2ベッドルームの部屋にうつることにしよう。






2ベッドルームの部屋は、思いのほかひろく、


真ん中にはテーブルなんかがあって、絵を描いたり、おしゃべりしたり、


この3日間を満喫するべく、快適な空間だった。






部屋に荷物を運んでくれた、黒人のお兄さんとハイタッチ。


さぁ、NY3泊5日の旅。


楽しむぞ〜!


私たちは夕方近くになって部屋に荷物をおくと、


お湯をわかして、お茶を飲んで、やっとひと呼吸した。


時差ぼけにより睡魔が襲ってきたけれど、


『到着日はそのまま寝ないで起きて行動』


友達のアドバイスにより、


私たちはがんばって起きていることにする。

著者のKurosawa Yukoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。