「私の震災体験~東日本大震災、あの日僕らは東京にいた。~」

1 / 4 ページ

<プロローグ>

これは2011年3月11日。東日本大震災が起きた日の私の震災の体験記です。

東京にいた当時自分の体験と、記憶を忘れないために書きました。

==================

2011年3月11日。

あの日、私は就職活動の説明会で品川駅のコクヨホールにいた。200~300人くらいはいただろうか。


みな、内定を手に入れるためにエントリーシートを書いたり、面接をやっていた頃だった。


企業の担当者が何か説明をしている最中だったと思う。


突如、ドーンという突き上げるような振動の後、ガタガタと音を立てて会場が揺れ出した。


ホールの照明はギシギシと音を立て、女子学生は怯えている。

辺りは騒然し、とにかくかがんで身を守ることしかできない。


何が起きたのか、わからず、ただ揺れが収まるのを待つしかなかった。


しばらくして、揺れは収まった。


説明会の担当者は「落ち着いてください!しばらくこの会場で様子を見ます!」という。


学生も各々携帯などで情報をチェックするが、電話もメールもつながらない。


なんとも言えない不安感だけが、ホールに漂っていた。


しばらくして、ホールのモニターにテレビの映像が映し出される。


そこには、東北地方で大きな地震が起きたという速報が流れていた。


その時は津波の映像はまだ流れていなかったように思う。


その後、しばらくして津波の情報が流れてきた。

5m、7m、9m。各地で今まで聞いたことのない高さの津波が来る。


Naoya
5m? 7m?9m?一体どんな津波なんだ・・


言葉に表せない言いようのない不安にが押し寄せる。

ただちに避難してくださいとニュースで流れていた。


それからしばらくして、東北地方を襲う大津波、各地での工場火災の映像などが次々と流れてきた。

これは大変なことになったと、そう思った。


みんなの読んで良かった!