第二十章 トラウマと思い出

1 / 6 ページ

第二十章

「トラウマと思い出」 

  亡き父はウザかった。しかし、私は父の助けと理解がなかったら大学にもアメリカにも行けなかった。言葉にしきれないほど感謝している。生きている間に感謝の言葉をかけるべきだったが、もう遅い。

 

  私は名古屋大学を卒業した後、名古屋駅前に事務所を構えるある会社に勤務した。つまり、誰でも知っている大手だ。そこには第一営業部で売った教材を買ったお客様を集めて塾で指導するビジネスモデルの会社があった。講師たちは第二営業部に属していた。名前のとおり、社長は教材の営業が第一で、講師などオマケ扱いだった。

  ある日、社用車を駐車場に置こうとしたらスペースがない。社長に言うと

「そこらに置いておけ」

  それで。

「そんなことしたら・・・」

 と言いかけたら

「いいんだ!」

 とさえぎられた。もちろん、その後苦情がきてボンネットの中のパイプを引き抜かれてしまった。謝罪に行かされた。

 また、別の日には塾に保護者の方がみえて

「営業の人がうまいことを言って」

 と苦情を言われたので、社長に伝えたら

「おまえは、営業の者が汗水垂らして売ってきたものを」

 と罵倒された。

「金のためなら、何でもありなんだ」

 と思い知らされた。大手なんて、どこもこんなもんだ。名古屋駅前に事務所を構えるためには必要な経営哲学なのだろうが、教育とは無縁の世界。

ただ、私は生徒アンケートで40人中2番の人気講師だったからマシだった。生徒の支持のない講師など

「いくらでも代わりはおるんやぞ!」

みんなの読んで良かった!