第二十二章 ボクが大規模校を辞めたワケ

1 / 2 ページ

第二十二章

「ボクが大規模校を辞めたワケ」 

 

  私は名古屋大学を卒業した後、河合塾学園、名古屋外国語専門学校など7つの予備校、塾、専門学校で14年間非常勤講師をしていた。自分の塾の経営のプラスになると考えたからだ。

  しかし、いろいろ問題点があって辞めた。私はそのうちの1つの塾で生徒アンケートがあった時に40人の講師の中で2番目の人気講師だった。その理由の一つは、中学レベルなら5科目、高校レベルなら英語と数学の両方が指導できたことだ。

 生徒目線に立つと、これは便利だ。明日は試験だという時に

「明日は数学のテストなのに、先生は英語しかダメなの?」

 となる。そんなことをしたら、

「明日は試験なので、塾を休みます」

 となってしまうわけだ。それで、私は自分の担当以外の指導もすることがあった。すると、ある日塾長から呼び出され、担当科目以外の指導を禁止された、私一人が複数科目を指導すると、他の講師にも同じことを要求する生徒がでる。それで、他の先生を困らせてしまったわけだ。みんな横並び。和を乱すのはならんというわけだ。

 

 ネットが普及して、インターネットを利用した塾や予備校も増えてきた。皆さんは大手のネット予備校や塾では

「生徒との直接のメルアド交換やメールのやり取りは禁止」

 という通達が講師との契約書に書かれていることをご存知だろうか。塾側は、

「生徒と講師が直接仲良くなったら、生徒をつれて独立されてしまう」

 というリスクがあり、講師の方にとっては

「労働時間外に生徒から質問がきては困る」

 という労働協約上の問題が発生するからだ。

「生徒と親しくしてはならん」

  これが大手の原則なのだ。

 

みんなの読んで良かった!