選挙に二回も落選した話

 安保法案やTPP、世話しない政治の世界の動きが様々ある今日。そんな世界に少しだけれど僕は足を踏み入れていた。


 その結果、二回の政令市の選挙で落選。正直、悔しい部分もあるが半分以上はどうしようもない現実であった。あくまでも、僕の目からみた政治の世界、というより選挙の世界を話したいと思う。もちろん、僕の過去も含めて。

 こんな現実の政治世界だけど、一人一人とは切っても切れない部分もある。その政治の舞台に立つためには、クソみたいな選挙に勝たなければならない。そこには、政策や理念など必要ないのだ。全ては出来レース。誰も口にしない選挙の事実を暴露します。

著者の松下 良さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。