第二十三章 「めいなんランチ」

1 / 3 ページ

第二十三章

「めいなんランチ」 

  当時、名古屋大学の東山キャンパスの南の端に「名南喫茶」という小さな喫茶店が設置されていた。

「メイナンにいるから」

 は当時よく使われていた言葉だ。私たちは、くだらないことを楽しく語り合っていた。まさか、そのくだらない生活を支えるために両親が懸命に働いているとは想像もしていなかった。親が子供を支えるのは当たり前と思っていた。

 ところが、父が亡くなった時にトラブルが起こった。姉たちが

「おまえだけ大学に行かせてもらったのだから遺産相続は好きにさせない」

 という。そんな風に思っていたんだ。初めて知った。想像も出来なかった。

 

 だから、Bくんが

「絶対に親には内緒だけど、お婆ちゃんが国立に落ちたても金を出して私立に行かせてくれるって言ってる」

 と言っても驚かない。各家庭でいろいろな事情があるのだろう。息子や孫の希望をかなえてやるために、親やお婆ちゃんが懸命になるのは分かる。自分が親になってから切実に分かるようになってきた。そうやって捻出している月謝を大切に使うのは塾長としての責務だ。

生徒集めのためにタレントを使ったCMに使うわけにはいかない。それが私の矜持であり、決定だ。

 Bくんは、その辺の家庭の事情をよく理解していて

「迷惑をかけられない。何としても国立大に合格したい」

 と言う。

 そんな生徒を指導した後で

「オレを分からせてみいや!」

 みたいな生徒を見ると(今はそんな生徒はいなくなったが)

「この子はBくんと同級生だけど、1000年経っても追いつけない」

みんなの読んで良かった!