ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その1:ニートからの卒業】

1 / 2 ページ

後編: ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その2:タイ入国】

 就職活動せずに短大を卒業してフリーターをしていた20歳の春。

一日をバイトと駄眠で終わらせるような鬱屈した生活だった。


毎日何もしなくてもお腹は減る、動かなくても眠くなる。

軽く昼寝をするつもりで目をつぶって、起きた時には日はとっくに暮れていて悲しくなった。


わたし
また今日も何もしなかったな…


そう思うと「時間」という有限な資源にガソリンをぶちまけて、ただただ燃えている様をみているような気分になった。

なにもしなくていいなら何もしたくない。いや、何かしたいけど、何をしたいかわからない。

なんだろうと自問しながら今日も眠っていた。ニート予備軍のような日常が退屈だった。


そんな時、アフリカの野生動物の特集がテレビから流れてきた。

ゾウたちが敵から小ゾウを守りながら群れをなしていた。


自然の流れに身をまかせて本能のまま生活をしているゾウたち。そんな堂々たる姿は私より生きているような気がした。


一瞬でゾウに夢中になった。近くに行ってみてみたい。ゾウに乗ってみたい。ゾウに…そうだ!!!


わたし
そうだ、タイに行こう!!!!!(歓喜


「ゾウに会いたい」その気持ちだけで、あっさりとタイのバンコク行きを決めてしまった。


アフリカではなくなぜかタイ。あそこにもゾウがいたはずだ。

あとは勢いに任せるのみ。気分は高揚していた。

何かが変わる。そんなワクワクで鼻血が噴き出しそうだった。


時間はいくらでもある。タイに1週間もいればゾウの1頭くらい会えるんじゃないか?

行こうと決めた1時間後にはタイ行きのチケットを買っていた。


わたし
アジアの人って顔が似てるし、ご飯もおいしいじゃん。だからタイ。言葉?え、英語?
はて?使えませんが?

タイのこと何も知らなかったし、それまで縁もゆかりもなかった。知ってる知識としてはタイ米って長いよねってくらい。死にたい。


言葉に関しても中学の時に受験のために英検3級受けただけでほぼ記憶が止まっていた。

ボディランゲージでいけるっしょ的なノリで突き進んでしまった結果、

冷静になったときには不安が襲ってきた。


わたし
(やっぱり行くのやめよかな…)


英語もまともにできない、女のひとり旅。

きっとやめることもできたが、すでに払ってしまった4万円の航空券代。

簡単にドブに捨てられるほど貴族体質ではない。

みんなの読んで良かった!