どこまでも続く私のなかへ

1 / 2 ページ

蜷川実花×すみだ水族館クラゲ 万華鏡トンネル

に行ってきた。




トンネルじだいは、短いものなのだけれど、

万華鏡というだけあって、天井、壁面に鏡状のものが張りつけられている。

そこへ、実花さんの色鮮やかな映像が、本当に万華鏡のように映し出されるのだ。

壁面の水槽には、クラゲたち。

そのバックに流れる映像。


目。

耳。

鼻。

3感の刺激。


実際にいると、写真に撮れるほど色鮮やかではない。

それでも、そのなかにいると、

豊かな色のなかにすうっと沈んでいくような感覚になる。


この世界に、ずっと佇んでいたい。


しんと、自分の内側に入っていく。


色。

色。

音楽。

色。

音楽。

香り。


ゆらぐクラゲ。

色を映し出す無数の鏡。






みんなの読んで良かった!