スピリチュアルの七不思議:外国の霊との交信は、英語が喋れなかったらどうするの??


そこまでは気にならないが、

言われて見ると「どうなの?」

とついつい思ってしまいますよね。


実際どうなの?

調べようがないし…

真実を知るにはそういった立場の人に聞くしかない。

でもそんな人が身近にいないから聞けないよ〜〜!!

って方のために…

ぼくが解説します。


因みに…

ぼくは外国の霊とやり取りする事ができます。

でも一つ注意点!!!


英語は全く喋れません。


おいおいおい…

何言ってんだ!?

さっき「外国の霊とやり取りできる!」って言ったでしょ?


確かに言いました。

ただ…

やり取りできる。

と言っただけであって「会話ができる」とは言っていません。


えっ!?

って事はジェスチャーとか???

言葉はわからないけど、身振り手振りで?

と思う方が多いと思いますが、

実は実は…

魂と肉体が融合している=人間

魂が肉体から離れた=霊体

言語化できるのは人間だけなのです。


肉体から魂が離れた状態だと、

言語化できないため、

魂になってしまえば「国籍」や「言語」は関係なく、

魂は感覚のレベルで物事を伝え、

そしてそれが伝わる人間は「脳内で言語化」するのです。


だから「会話」をしている!と思っている方は実は実は…

不正解。


何せ相手は喋れない。

そもそも言語化する術を持っていないため、

第六感もしくは…

それ以上の感覚で物事を伝えてくるのです。


だから…

最初にも書いた通り「英語が喋れなくてもやり取りができる」

というのはこういうことなのです。


これが「会話をしているようでしていないメカニズム」

この技は「誰にでも」できるものではなく…

極々…

限られた人だけ。

教えてもできるものではなく…

本当にレベルの高い「感覚」なのです。


もちろんこれは、

「自分がやり取りしよう」と自由に繋げれる人の事。

望んでもいないのにそういった声を受け取る人は、

憑依の影響がほとんどです。

LINE2

ぼくは霊能者って何??

霊能者という肩書きを持ち、

頭のてっぺんから足の先までスピリチュアル人間が書く、

現実的と非現実が融合するブログの事。

能力が目覚めた瞬間!
ぼくは霊能者第一話に掲載しております。

ぼくは霊能者

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。