女子大生が拒食症になった話

大学一年の夏
サークルに入って彼氏もできて私の大学生活はなかなか良いものだった
ただギリギリの成績で入学した私は周りについていくのに必死だった
高校では成績優秀だったのに...
皆自分より頭も良いし可愛いし...
常に劣等感を感じていた


ある日彼氏に言われた一言が 「太ったよね??」
久しぶりに体重計に乗ると入学時より5kg増えてる
今まで痩せの大食い、細いねと言われる事が多かった
「痩せなきゃ...」

そこから私のダイエットが始まった。
今までお昼はおにぎりや菓子パンだった私がお弁当を作り出した。
しかも中身はキャベツの千切り、茹でたウインナー、野菜炒め、ご飯は100g
周りの友達は皆驚いていた「どうしたの?!」って。

食事制限で簡単に体重は減った
「なんだ痩せるのって簡単じゃん」
そこから私のダイエットは加速した。

みんなの読んで良かった!