私を罠にハメようとして、自分が罠に落ちた人

私は、昔から個が強い。

めだってもいたと思う。

身長も高いし、目も大きい。

勉強もできた。




そのわりに、いじめられたことがない。

そんななか、あからさまに敵対心を燃やしてきた人物がいる。

子どもの同級生のお母さんで、子供会で私が会長、彼女が会計になった。

とにかく、最初から敵対心をやたら燃やしてくる。


日程の話し合いをしようとしたら、自分の携帯電話を床に投げつけた。


心の声
オー、マイゴッド!!

この人、かなりヤバイ。

争っていたとか、そういうのではない。

ただ日程の調整をしようとしただけなのだ。


君子危うきに近よらず。

ここまでヤバい人は、相手にしないが一番。

心の動揺をまず収め、タンタンと接する。


が、すべてがこんな感じで、敵対心あらわなのだ。

みりえ
何もしてないけど、この人に~~!!

は、通じないんだから、しょうがない。


目の前に、この人がいて、関わらざるを得ない。

まあ、タンタンとこなしていたのだけれど、

ある子供会の行事に、児童文学の仕事で、出られない時があった。

で、元夫に代わりをお願いしたのだけれど、

書類はぬかりなく作ってあった。


が、受付をしていた女性(彼女の従姉妹)が、書類をチェックして、

従姉妹さん
ここ、まちがってるわ。


で、それを聞いた彼女、

彼女
鬼の首、とったああああ~~~!!

意気揚々と、どしどしと鼻息荒くやってきて、大勢の前で元夫に、

彼女
この書類、まちがってますけど!!

で、元夫も感情整ってる人だったので、

元夫
本当?


とのんきに、皆の前で確かめ始めた。

で、一緒にいた男性たちが、一緒に確かめてくれたらしい。


男性1
まちがってないよね。
男性2
うん、これでいいよね。
男性3
合ってるね。

恥をかいたのは、彼女だ。

大勢の前で、大騒ぎしたのだから。

その書類は、私が作ったもの。

大勢の前で、私のミスを暴きたかったのだろうけれど、

結果、彼女はみんなの前で恥をかくことになった。

やっちまったな。


それにしても。

子供会のただの1つの書類。

たとえ、まちがいがあったとしても、

みりえ
それが何か?

訂正すればいいだけでしょ。


で、それを聞いて私は、怒りを通りこして、

笑っちゃったよ。

けけっ。


次に会った時、あまりのかわいそぶりに、笑顔で挨拶しちゃったもん。

なんでそこまでするかねえ。

と色いろ調べてみたんだけれど、

彼女は、「知的で品がある」人をターゲットにして、あちこちで

問題を起こしていた。


その奥にあったのは、

受付で私の書類のミスを指摘した、彼女の従姉妹の存在。

同じ地域で、同級生。

従姉妹さんは、美人で頭もいい、知的な人だった。

子供の頃から、優秀だったらしい。


かたや、彼女は、真逆のタイプ。

たぶん、比べられたんだろうね。

子供の頃から、従姉妹さんの存在によって、傷つけられてきたんだろう。

でも、その恨みを、優秀な従姉妹さんにぶつけることができなかった。

表面上、仲良くしてた。


だから、

似たような人を見ると、無条件で「怒り」「恨み」がわくんだろな。


人の、理不尽ないじめとか怒りって、こんなふうにできていることが多い。

あなたが悪いわけじゃなかったりする。

だから、誰かから理不尽なことをされた時、落ち込む必要はない。

たいていは、その人自身の問題。


対処としては、関わらざるを得ない時には、

「タンタンと」関わる。


関わらなくてよくなった時には、

「ダッシュで逃げる」。

しかしだ、

タンタンと関わっていたら、

彼女
みりえさんて、いい人だよね。
心の声
ヤバイ。

いやもう、好かれても困るんで。

逃げますよ、ダッシュで。

君子、危うきに近よらず。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。