高木教育センターのありふれた日々(5)

1 / 14 ページ

高木教育センターのありふれた日々(5)

第四十一章「塾の教室から」

第四十ニ章「タイムカプセル

第四十三章「なんで数学者なのに、神様を信じる人がいるのか

第四十四章「ボクは学校が嫌いだ!

第四十五章「隠れ家

第四十六章「サイレント・クレーマー

第四十七章「脱スマホ宣言

第四十八章「yahoo 知恵袋の英作文」

第四十九章「少林寺拳法がすき

第五十章 「グッバイ、お父さん」

 

 

 

第四十一章

「塾の教室から

 私は全ての人が勉強ができるようになると思っていない。塾を訪れる方には正直に言えない。言うと怒る人が多いから。しかし、冷静に考えて欲しい。小学校の頃に、足のはやい運動会のヒーローがいたはず。逆に、鈍足の子がいたはず。それは努力の結果ではないですよね。

 生まれつきの向き、不向きがある。人間だもの。当たり前のこと。それが、私の塾にみえられる頃には努力の積み重ねが10年以上行われた後。勉強とは教師から指示されたことだ。強制される嫌なものだ。我慢がすべて。そう思い込んでいる子が多い。

 親もそう信じていて、教師の指示どおりに動くようにプレッシャーをかける。そして、塾にも

「どんどん宿題を出してください」

 とプレッシャーをかけてくる。塾の多くはその要望に応じる。商売だから。しかし、それだけでなく、塾講師にも勉強とは強制だと信じている人が多い。結局、

みんなの読んで良かった!