何時もの景色が虹色に見えたとき。離婚後会っていなかった子供たちと九年振りの再会。

1 / 4 ページ

 父が末期がんで死ぬ丁度二週間ほど前。僕は自分の弱さと自分の病気によって疲れ果て、父の最期の姿を見れる自信もなく、ただ息子と娘に連絡を取って、自分のエゴで元妻の実家に電話しました。


その日は、父が医療用麻薬を投与されながらも、たまに見せる普通の笑顔の日でした。その時に言いました。「孫に会いたい」と。


僕は九年間封印していた、怖くって電話できなかった元妻の実家に電話をかけました。


その日は雲一つない快晴でした。こんなになってる父を見て、僕は本当に全くと言っていいほど自信は無かったのだけれど(話すという行為自体)、電話しました。


すると電話口に出たのは少女のような幼い声でした。


僕は「○○?」と娘の名前を瞬時に言いました。


すると幼子は「はい」


と。


僕は言いました。大きな声でハッキリと幼子が答えたのです。その時に神様がそっと僕を押してくれた気がしました。


「お父さんだよ!」


と。そのあとは夢中になって話しました。ずっと電話しなかったことや、会いにいけなかったことを後悔してるよと。でも何時だって何時の日だって忘れたことは無く、愛しているよと伝えました。伝わったかどうかは判りませんでしたが、意志の強い芯の強い子だという印象を受けました。


これは元妻の遺伝かな?とか思い切り抱きしめてあげたかったのですが、何しろ、そこは電話の世界


それは適わない。でも息子の声も聞きたいと、娘に言いました。

「お兄ちゃんそばにいる?」
娘はしっかりした声で答えました。
「はい」

僕はごそごそと電話を渡してる風景が見えるようでした。


もうそこは興奮の極み。何故なら元妻に代わってしまう可能性も合ったのです。


そうなったら恐らく二度とチャンスは無かったと思います。しかし僕もルール違反です。協議離婚はしなかったものの、精神病と言う厄介な病気が発症しての離婚でしたから、無理もありません。


元妻や、元妻のご両親にも多大なご迷惑をかけ、ご心配もかけました。


僕の娘とは娘が生まれて半年の時に離婚していたので、勿論娘が僕のことを覚えていないのも無理はありません。だからすっごく娘も緊張していたと思います。当然です。もしかしたら、不審者に思っていたかもしれません。


そして息子とは三歳の時まで共に暮らし面倒も見て一緒に砂場に遊びに行ったり、川に連れてったり一緒に海に入ったり、お風呂に入ったり、水族館に行ったり、とにかく共に遊んだのです。共に育った三年間でした。娘とももう少し一緒に過ごせれば、思い出も残してあげられたのに、自分の病気が悔やまれます。


そして僕はもう覚えていないだろうと思って半ば緊張し、半ば期待し賭けに出たのです。


「もしもし、○○?」

「うん」

みんなの読んで良かった!