亀の甲羅の上のウサギ

最近思うのはさ

亀とウサギのレースの話なんだ

まぁ、ちょっと聞いてよ

これって俺の悩みだった部分もあるんだけどね


目標、ゴールを何か定めた時に

早くゴールするんだ

早くゴールすれば幸せになれる

ゴールすれば現状が変えられる って思った


そんで、ゴールするためには

誰よりも努力しなきゃ

もっと自分を追いつめなきゃ ってなったんだ

時間も、食事も、友人関係も、何もかも

自分を追いつめればゴールに近づける


ウサギになるんだ ウサギなんだって

ウサギになるための努力をしてるんだから と


しかしさ

その日常は全く幸せじゃないんだよね

現状幸せじゃないのに、自分を追いつめて

社会からも追い詰められてると感じるし

行き場が無くなるんだ


そんでね 考えたのよ

なんで?って

これ、なんで?って


俺 亀だったのよ 実は

ウサギになろうとして、ウサギにならなきゃいけなくって

そこを超えて

ウサギなんだからって

完全な勘違いをしてたんだ


亀なのにウサギであろうとするから

遅い自分に対する周りのことも気にしてたし

自分で自分を気にしてたの


でもさ 亀は

自分のできることだけ探した

亀はゆっくりでも、一歩ずつ歩いたのよね

ウサギのように走ろうともしなかった


だってできないんだもん 笑


つまりさ

俺は俺 君は君 誰かは誰か 亀は亀

なんだよ

ウサギで在りたいとしても、ウサギにはなれない

亀はウサギにはなれないんだ

でも、一番早い亀にはなれるんだ


だから、もうウサギであろうとする重荷は外すんだ

亀が甲羅の上にそんな重荷まで背負ったら

余計に遅くなっちまうよ

余計に歩くのしんどくなるよ


そう思った


周りも、俺が、君が

ウサギであることを望んでない

ウサギでなかったからって何もない


僕ら自身が気にしてただけなんだ

僕自身が、こうあるべきだ

って勝手に縛って

ウサギになれない理由を蹴散らす

なぜ俺の手は短いんだ

なぜ俺の体は緑なんだ

みたいに 一つ一つ否定したりしてさ


でも、亀なんだよ

natural bornで亀なのよ

人生を、自分を追いつめちゃいけない

亀であることを否定しちゃいけない

受け入れなきゃ

亀だからって悪くもないんだよ


だって最後にレースに勝つのは亀なんだから



著者の高津 諒さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。