0からの出発・第六十話『渋谷区「同性パートナーシップ証明書」仰天!僕も同性婚しました?!』ちょっとした勇気で世界制覇したダンサー俳優「神ひろし」

1 / 5 ページ

僕自身が「「同性パートナーシップ」なるものを知ったのは、カンパニーEASTの英国のエジンバラ公演の事でした。

渋谷区「同性パートナーシップ証明書」11月5日交付開始!!日本ではあり得ない事だと思っていたので、正直、驚きました。

カンパニーEAST http://j28studio.wix.com/east


2003年のモントリオール(カナダ)公演では、同性婚に関するビックリするハプニング続きで、目からウロコの体験をしたのです。


僕たちのカンパニーは3つの演目を上演していました。

カンパニーEAST『王女メディア』(芸術監督:かわらさきけんじ/メディア:神ひろし) と、

男だけのショーチームのJ-BOYS『Gay Sumurai Revue』、

そして、女性だけのダンスチームTokyo Triangleです。


モントリオールに到着すると、色んな方から声をかけられ、

日本人パフォーマーは珍しいのかなあ?

と思っていたら・・・

なんと、J-BOYSが既にカナダの新聞『ミラー』の表紙に選ばれて掲載されていて、僕たちの顔はわれていて上、上演前から人気者だったのです。

ミラー紙の表紙になったJ-BOYSのHiro(左)

J-BOYSの客入りはこれで安泰だと思われましたが、

カナダではギリシャ悲劇『王女メディア』は全く入らなかったのです。

ギリシャ悲劇そのものが、日本と同じで、知られていなかったのです。


で、カナダのプロデューサーから、街頭でチラシを巻くように言われ、

同じカンパニーの団員のSho君と、「メディア」のチラシを巻いてたところ・・・・


スカウトされたのです!!


「日本の完璧な同性カップルとしてドキュメンタリーTVに出演しませんか?!」

と・・・・


その事をカナダの女性プロデューサーに話すと・・・

出るべきよ!!

        と言われただけでなく・・・・

優勝は無理だと思うけど、ドラッグクィーンコンテストにも出て頂戴!!

            と、ブッキングされていました。


3時間から5時間の長いコンテストで、終盤頃、ウンザリして・・・・

「帰ろうか?!」と相棒のShoと話し・・・

柵を越えて、会場を出ようとしたところ・・・・・


"The winners is "Hiro and Sho"!”と呼ばれたのです。


みんなの読んで良かった!