いじめの過去も乗り越え元気をふりまく、AKBメンバーのキラキラした姿に惹かれて



やっすー



兵庫県出身の澤田やすらか、19歳の大学2回生です!

やっすー、やっちゃんって呼んでください♪


チャームポイントは笑顔!


趣味はアイドルやドラマを観ることとマンガを読むこと。

お菓子作りも大好きです!


平日週4で大学へ授業を受けて、残りの3日でアルバイトをしてます。


年代・性別関係なく、幅広い人達から愛されて応援してもらえるようなアイドルになりたいです。

私が誰かの心の拠り所になれるような存在にれたらうれしいです!


アイドルになる前は、小中高とバドミントンをやっていて、熱心にバドミントンの練習に明け暮れていました。


中学の頃、AKBにどハマリしましたのがアイドルを目指すようになったキッカケです!


NMB結成時の密着番組や、ドキュメンタリー映画を観て、

アイドルの裏側を知って、アイドルという仕事は過酷だけど、キラキラしててカッコイイと思って憧れるようになりました。


そして、2011年の東日本大震災。

被災地支援をしているAKBグループをみて、私も誰かを笑顔にしたい、元気にさせたいと思うようになりました。


昔から芸能界には興味がありました。

過去にいじめられていたこともあって(小中高と学校での人間関係がうまく行かずしんどい思いをしていたこともあります)、

周りを見返したいと思っていたんです。


そんな時にTVでAKBに出会って、AKBのメンバーの中にもいじめられていたり、過去に辛いことがあった人がいて、

でもAKBになってキラキラしてて、私もそんな風になりたいと思いました。


AKBや他のアイドルさんのように、キラキラ輝いて、

沢山の人を笑顔に元気にしたい。私も誰かに勇気を与えたい。

今まで私が関わってきた周りの人たちを見返したい。

そう思ったんです。


「SHOWROOM」に応募したときは、絶対アイドルになるぞ!というやる気や熱意に溢れてました。


早くアイドルになって活動したい!という気持ちで臨みました。

ステージ上で声援を受けながら歌って踊ったり、イベントに出て、ファンの方とお話ししたり …というザ・アイドル活動を夢見ながら。笑


アイドルになれなかったら(オーディションに落ちたら)どうしよう、という不安もありました。


挑戦してみて、応援して下さる方が一人でもいて下さることが凄く嬉しいし、やっててよかったと思います。


アイドルでいる以上、応援して下さる方だけじゃなく、アンチというような方もいて、

誹謗中傷するようなこともあります。やっぱり言われると辛いしショックです。


でも、そのお陰で成長出来るし、辛い気持ちをバネに頑張れるし、

「人気者にはアンチは付き物」って言うので、プラスに考てます!


アイドルになったからには、やっぱりてっぺんを目指してます。


アイドルのてっぺんをとって、沢山の人を笑顔にして勇気を与えて、憧れてもらえるようになりたい。

誰かのために色んなことを発信したり、動ける人になりたいです。


目標は、大きなステージでワンマンライブをしたり、テレビやラジオやイベントに沢山出ること!

将来の夢はマルチに活動できる女優さんなので、その為にも色んなことを沢山経験していきたいです。


これからの私の成長や夢をどうか見守っていてください。そして、応援して下さると嬉しいです。

まだまだ未熟で至らないところも沢山あると思いますが、よろしくお願いします。


- - - - - プロデューサーからのコメント - - - - - -

二期オーディションの予選Aで非常に頑張ったものの敗退し、Bブロックから決勝に上がってきました。

頑張っても頑張ってもポイントが上がらない所から必死に這い上がってきてくれた印象です。

二期オーディションはまったくの新規活動の子が多かった事もあり、結果=期間中の努力値という図式が明確です。


実はまだお会いした事がなく、実際の印象はまだわかりません。

遠隔地から配信でオーディションとこんな事もありえるんですよね汗

凄い時代だなと思います。


自分どの一面がファンのハートに刺さるか、それをまだ見つけ出していない印象があります。

今のままでは勝てません。決勝期間中に一皮剥ける必要があって、それを楽しみにしています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




著者の未来の アイドル物語さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。