私の恋はとっちらかる?

といっても、ずうっと昔のことだけれど、

そう、中学2年生の頃、


たぶん、1人の男子に、ものすごく好かれていた。

で、毎日ちょっかいを出される。

思うんだけれど、女性はたぶん、

はっきり言われなくても、相手の想いは、たぶん無意識で感じとっている。


で、その想いが強いと、それに反応して、自分もだんだん好きになる。

あ、ストーカーとかは別ね。

(その想いは、気持ち悪さとして伝わる)


たぶん、女性は、そんなふうにできている。

(男性性の強い人は違うかもしれない)

自分の女性を押し殺していると、また違ってくると思う。


で、私もだんだん好きになっていくんだけれど、

ある日、その男子が仲良くしている女子2人に聞かれたのだった。


クラスメート
**君のこと、どう思う?

おそらく、その男子の気持ちを聞いていて、

「じゃ、気持ちを聞いてきてあげる」

というあのノリだったのだろう。


で、私はなんと答えたでしょう。


なんと、


なんと、


な~んと



中学生のみりえ
気持ち悪い。もう、ものすっごく気持ち悪い。


はい、信じられないですよね。

自分でも信じられないです。


その後、その二人とその男子が廊下で暗い顔で話し合っているのを見た。

で、ど~んと落ち込んでいるのを見た。

そして、その後、その男子は私を避けまくった。


それはそうでしょ。

そんなこと言われたら。


傷つけましたよね。

その状況、8割は、わかってました。

でも、はっきり言われたわけではないので、

確信もできない。


でも、傷つけてしまったことはなんとかすればよかったのにな。

と今は思う。

そんなこと言われたら、

誰でも傷つくのだから、そこだけは、言葉足らずでも、

相手の傷がやわらぐように補修すればよかった。



のだけれど、

中学2年生は、その補修もできないわけです。


で、そんなひどいことをつい口走ってしまった理由は、


心の声
てれ


たんなる、てれ、です。


「てれ」で、とっちらかった行動になっちゃうんですね。


で、この経験をいかし?

元夫に出会った時には、とにかく気持ちを伝えまくった。



でも「てれ」があるから、

そこを抑えようとすると、これはこれでまた、

かなりとっちらかった行動になっていた。


若者たちの恋は、こんな感じで、お互いのずれで、

なかなか思うようにいかないのだろうな。


その男子は、まさか単なる「てれ」で、

「気持ち悪い。もう、ものすっごい気持ち悪い」

なんて言われたなんて、思いもしなかったろう。


といいながら、大人になってだいぶたつけれど、進歩した感じはまったくしない。

恋活しようかな。

あ、男性じゃなくてもいいんだけれど。

えと、恋じゃなくてもいいっていうこと。

心をものすごく通じ合わせたいのだね、私は。


そこはたぶん、私にとって、とても大事なんだ。

合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の山崎 理恵みりえさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。